東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

2011年5月アーカイブ

運動会お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

(5月31日校長発)

本日、天候も回復して延ばしのばしになっていた運動会を無事開催することができました。保護者の方々をはじめ大勢の皆様にご来観いただき厚く感謝申し上げます。

しかし、その一方で、予備日を変更しての開催であったため、参加することができなかった保護者の皆様にはご迷惑をおかけしました。またご参加になった方々でも、都合をつけるのに多大な労力をいただいたことと存じます。つつしんでお詫び申し上げますとともに、ご理解ご協力いただきましたことに心より感謝申し上げます。

皆様のご理解ご協力のおかげをもちまして、全校児童ひとりの欠席もなく全員参加のもとで、本日の運動会を実施できたことが、なによりも成功したといえることの大きな喜びです。

みんな、本当によくがんばった。子供たちに、ささえてくださった保護者の皆さまにお礼を申します。

    • 閉会式の校長講評で、父母の会役員の皆様、とりわけ行事委員の方々をはじめ、父親有志の方々をふくめた大勢の保護者の皆様のお力にたよって成功させることができましたことについて触れないまま話を終えてしまいました。まことに面目ない次第です。あらためて御礼申し上げます。ありがとうございました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

今度こそ晴れて運動会ができますように/転出生の来校

(5月30日校長発)

いよいよ運動会です。

どの天気予報も、31日は「曇、晴れ間がある」ということになっていますので、実施できるのではないかと見込んでいます。

きょうは途中パラッと雨粒が落ちましたが、運動会準備に支障のない天候で助かりました。

朝は水たまりができていたグランドも、午後にはからりと乾きあがりました。雨さえ降らなければ水はけの実に良いすぐれたグランドです。

明日は予定の時間にスタートできるのではないかと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

運動会のはずだったのに・・・

(5月28日校長発)

    • 延期運動会まであと3日。

昨日のうちに本日予定していた運動会延期を決定しお知らせしました。熟慮の結果とはいえ、当初お知らせした予備日程で計画をされていた方々をはじめ、保護者の皆様にはご迷惑をおかけすることとなり、申し訳なく存じます。

年間計画を立てるときに予備日を含めて連続三日間の雨天ということも想定はしていました。そのために、最後の予備日は三連続雨天でいたんだグランドコンディションを取り戻すことも考えて一日あけた6月1日とし、それ以上には雨になるとはとても考えられませんでした。

それが、梅雨入りが異常にはやくなり、6月1日のあとまで雨がしのびよってくるとは・・・。

計画を変更せざるをえなくなり、皆様にはご迷惑をおかけしますが、理解たまわりますようお願い申し上げます。

さいわい子供たちは元気に通学してくれたのが何よりでした。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

運動会延期・・・5月31日(6月1日に雨天順延)/卒業生来校

(5月27日校長発)

    • 運動会まであと4日・・・あと1日となるところが、あと4日に変更です。

大変残念ながら、5月28日予定の運動会を延期することと致しました。

そして予定の予備日ではなく、5月31日(火)実施とします。

    31日が雨天の場合は、6月1日(水)に順延と致します。

※5月30日(月)は普通授業としますが、台風接近の状況次第では変更がありえます。今後の緊急連絡、一斉メールにご注意ください。

(続きがあります。↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

通常授業もこなしつつ<駆ける姿>

(5月26日校長発)

    • 運動会まで2日。

      ただし、悔しいことに天気予報によれば28日土曜日の降水確率が高まっています。しかも第一、第二予備日までもが80%の降水確率で、翌日31日のみ晴れマークがつくというまことに憎らしい天気予報です。

      天気予報と諸般事項をにらみながら、早めの決断をしてまいりたいと思いますが、明日以後、緊急メールやお知らせ、ホームページ連絡には十分ご注意いただきたいと存じます。

さて、昨日のリハーサルを受けて、今日は反省点を中心に運動会練習を進めました。

朝の会から1校時を使っての総合練習では、まず、大玉競争のルール確認と実際の練習から行いました。きょうはすべてルール通りに行きました。

子供たちは6年生を中心に本当に頑張っておりますので、何としても運動会を実現してやりたいと思います。   天の神様がお味方についてくださいますように・・・・・「人事を尽くして天命を待つ」心境で頑張りましょう。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

運動会リハーサル

(5月25日校長発)

運動会まであと3日。

週間予報で運動会当日が「曇り一時雨」という予報の中、きょうは、当日と入れ替えてほしいほどの快晴でした。

そういう恵まれた日和のもとで、半日をかけて運動会予行練習を実施し、開会式、閉会式をはじめ主要競技についてプログラムにしたがって本番同様に総合練習をしました。

緊張感にかけ注意された子供もいましたが、みんな本番さながらの懸命さをみせ、保護者の皆様をはじめ来客の方々に満足のいく運動会をご覧に入れることができるのではないかと思います。

ただ、昨年の予行と比較して15分ほど遅れて閉会式を迎えましたので、本番ではしっかりとりもどして予定の時刻には終了できるよう、とくに空模様と競争しながらの実施になると思いますので、子供たちも緊張感をもっててきぱきと行動するよう、ご家庭でも今一度ご指導くださると助かります。

とりわけ体育委員の皆さんがよく頑張って仕切ってくれていますので、体育委員へ友情を発揮して成功させるという気持ちも持ってくれると、気持ちの良い運動会になると思いますので、よろしくお願い致します。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

授業等の様子/柔道家小室宏二のたたかい

【5月24日校長発】

    • 運動会まであと4日。

見出しに「柔道家小室宏二」と書きましたが、そう聞いても、多くの方の脳裏には「?」というマークが踊るばかりだと思います。

実は小室宏二先生とおっしゃって、お隣の東京都市大学付属中高の体育の先生なのです。

しかし、「柔道家小室宏二」と表現するほうがぴったりの先生なのです。

まだ20代の方ですが、講道館6段。

一昨年、都市大付属中高教諭に採用されました。私もよく知る人ですが、昨年、本校児童のなかに小室6段の弟子がいると聞いて大変びっくりしました。

「柔道家小室宏二」については続きをどうぞ。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

父母の会総会/運動会練習も大詰め

(5月23日校長発)

    • 運動会まであと5日・・・週間予報では土曜日は曇りのち雨。みんなで照る照る坊主さんに祈りましょう。

本日は、若桐ホールで10時より、父母の会総会が開かれました。大勢の方々の出席で滞りなく議事が終了致しました。事業内容の報告を聞きながら、あらためて、学校運営に多大なご協力とご貢献をいただいていることを自覚し、心より感謝の気持ちがわいてまいりました。

総務の皆様をはじめ担当役員になりますと、なにかと大変なお骨折りをお願い申し上げますが、今後とも児童の成長、学校の発展のためによろしくお願い申し上げます。あわせて、会員の皆様、どうぞ、新しい会長さんをはじめ役員の皆さんにご協力のほどお願い申し上げます。

また、前会長のKさんをはじめ本日でご退任の皆様、本当に長い間ありがとうございました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

ジョージ・ワシントン

(5月20日校長発)

    • 運動会まであと8日

米国建国の父、初代大統領ジョージ・ワシントン(18世紀)を知らない人はいないと思います。

そして、ワシントンの「桜の木」伝説もまた知らない人はいないほど有名です。

ワシントンが子供のとき、庭に植えられていた桜の木を思いがけなく切ってしまったことを、怒られることを覚悟で父親に正直に話したら、逆に、「包み隠さず話して反省できることは立派だ」と褒められたという逸話です。

この逸話は、18世紀にはまだ、米大陸には桜の木は植栽されていないということから、後世の伝記による創作だといいます。しかし、ジョージ・ワシントンという偉人が、子供時代から卓越した精神性をもっていたということを分かりやすく示すために創作されたのは間違いないことです。それを考えれば、現代の子供がワシントンのような高潔な人格を見習うために、この創作話は使われてよいと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

1年生と2年生の栽培、総合練習、折り句

(5月18日校長発)

今日は、ブログを書く時間をとれませんでした。

それで、2月22日のブログに載せた「第二字折句」を再掲して、行をかせぎます。

せこいやりかたですが、ただ、それでも、詳細は書きませんが、きょうは都市大っ子に、以下のような折句をメッセージとして送りたい私の気持ちがございます。

お子さんに保護者の皆様から説明してあげていただけたらと存じます。

↓ 各行の先頭ではなく第二文字に、
 「とうきょうとしだいがくふぞくしょうがっこう・・・東京都市大学付属小学校」
 を折り込んであります。

  おにきこえし  (音に聞こえし)
  こけつな    (高潔な)
  いなだんじと  (粋な男児と)
  きらかなじょし (清らかな女子)

  もべんきょうもするが (猛勉強もするが)
  ひとしてのみちも   (人としての道も)
  けてわすれぬ     (決して忘れぬ)

  けかきこころをもちて (気高き心持ちて)
  あとやさしさを    (愛と優しさを)
  ふくまなび      (深く学び)
  よいきよう      (良く生きよう)

  さらんのはなのごとく (サフランの花のごとく)
  そとさきつつも    (そそと咲きつつも)
  やどうするよろこびを (躍動する喜びを)
  おみなくあふれさせ  (惜しみなくあふれさせ)

  こなくすみわたり        (こよなく澄みわたり)
  おせいにわきいずる       (旺盛に湧きいずる)
  ふきいずみのように       (深き泉のように)
  せなさにくれるともをつつみて  (切なさに暮れる友を包みて)
  ことしだいしょうにて      (ここ都市大小にて)
  まこどもたち          (舞う子供たち)

 

(続きは、見出しをクリックしてご覧ください)

今日のクラブ活動

(5月18日校長発)

<静か大賞>

 大  賞:1桜、3桜、4桜、5桜、5桐、6桜、6桐

 準大賞:1桐、2桜、2桐、3桜、4桐

 ○「静かにできる能力」について・・・

  この静か大賞は、その主旨について、たびたび書いていますように、静かに集中しているかどうかの瞬間的で私の独断ですから、そうそう目くじら立てる必要はないのですが、ただ、留意したいことはあります。

  そのことについて、少しく敷衍(ふえん)したいと思いますので、続きをお読みください。

(続きは、見出しをクリックしてご覧ください)

きょうもつづく高学年の挑戦/時計の授業

(5月17日校長発)

昨日までとちがって少々寒気がくだってきた日でした。

午前中、私は東京都私立初等学校協会(東初協)の総会があり市ヶ谷まで出かけ午後帰校したのですが、そのころにはどんよりとした暗雲が空をおおい、ぽつりぽつりと雨も落ちてきました。

運動会が雨天で延期にならないように、今から祈りたいと思います。

(続きは、見出しをクリックしてご覧ください)

行進練習/夏休み生活展(68)

(5月16日校長発)

5月も半ばが過ぎました。

「光陰矢の如し(こういん やの ごとし)」、「少年老い易く(しょうねん おいやすく) 学成り難し(学なりがたし)」 というように、年月の過ぎるのはまことに速いものですが、今年は3月11日の東日本大震災という未曾有の災害があり、その「予後」もなかなか大変な状況だからでしょうが、例年にましてバタバタと過ぎてゆく気がします。

しかし、私どもが考えなければならないと思っているのは、

そういう状況であっても、子供たちにとっては人生において、とりわけてかけがえのない小学校生活の毎日であることです。かけがえのない少年の日々であることは、いつの時代の子供と比べても変わりないわけで、日々、充実した日々であるようにお祈りしておりますし、何よりも小学校教員として一生懸命つくしていかなければと思っております。

運動会まであと12日。被災地の皆さんが頑張っておられることを胸に刻んで、私たちも運動会の大成功のためにがんばりましょう。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

応援の練習/兵庫島

(5月14日校長発)

今日も運動会特設時間割(若桐時間)でした。朝の会から1校時をつかって総合練習でしたが、私は二子玉川で「都市大小学校を語る会」という募集説明会があり、それに出かけましたので、総合練習に参加できませんでした。

そのかわりというわけではありませんが、始業前の朝8時から各組の上級生による応援練習がありましたので、それぞれの組の練習風景を見てまわりました。6年生を中心に気合いが入っている様子が存分に伝わってきました。

ところで、二子玉川の「都市大小学校を語る会」でお会いしたあるお母さんが、「毎日、この先生ブログを読んでいます」と言ってくださいました。本校在校児童のお母さんではなく、来春入学希望児童のお母さんです。

入試の前からご愛読いただいていると聞いて、それだけご希望が強いことでしょうから、ぜひ良い結果となりますようにお祈り申し上げます。そして、ご愛読をとてもありがたく思いましたが、いや、ご入学前からお読みになる方がおられるならば、今まで以上に力を入れて更新しなければなりません。

・・・・・えっ、じゃあ今まで手を抜いていたの?・・・いや、もちろんいちばんは、在校生保護者の皆さんのために力を入れて書いているのは間違いないんですよ(笑)。誤解なきようにお願いします(汗)・・・自分で突っ込んで、自分で言い訳して、自分で勝手に汗かいている(笑)。 

(続きは、見出しをクリックしてご覧ください)

学校の様子&放射線勉強会&線量計測

(5月13日校長発)

 本日はまえがきなしで、いきなりですが、標題の件について、続きをご覧ください。

※まえがきを書く余裕がありませんでした。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

A棋士のこと/夏休み生活展(67)

(5月12日校長発)

昨日、クラブ活動を巡回していて、将棋クラブのA君と対局させてもらったことを書きましたが、A君のお母様よりコメントを頂戴いたしました。

なんと、A君は日本棋院の宮田七段のお弟子さんなのだそうです。

もともと、私ごときの相手になる人ではなかったのですね。

というか、私が対局させてもらったことを感謝しなければならないほどの腕前の棋士だったのです。昨日の記事でA棋士という表現を無造作に致したのですが、ああ、いま思えばそう書いていて良かったあ。

あらためて、A君に御礼申します。良い記念となりました。

小学校卒業までに初段をとることを目標としているそうですから、本校卒業生発のプロ棋士がやがて生まれるかもしれません。

それにしても都市大っ子は多士済々だ。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

児童制作「おもしろ動画」/今日のクラブ活動

(5月11日校長発)

きょうは所用があるので早い時間のアップです。10日記事を未読の方はそちらからどうぞ。

    • <静か大賞@水曜日>

       大  賞・・・1桜、2桜、2桐、3桜、3桐、4桐、5桜、5桐、6桜、6桐
       準大賞・・・1桐、3桐、4桜

      どの教室もしっかりとお勉強や朝の会を自主的にできていました。
      準大賞になった教室が三つありますが、ほんの何名かの子がお話しているだけで、こうなってしまいます。

      しかも、そういう教室も、せっかく「静かにしよう」と声をかけてくれている立派な子がいます。そういう子はその態度に「超大賞」をあげたいと思いますが、それでも全体としては準大賞となってしまいますから、お話をしてしまう子は迷惑をかけているのだなあということについて考えてみてほしいなあと思います。
    • 1年生の保護者の皆様へ・・・・・・上の「静か大賞」は毎週水曜日に先生方が長い職員朝礼をやっている間、私が校内巡回をして子供の様子をみます。そのときに静かに自主学習できているかどうかをチェックして発表しているものです。

        ただし、あくまでも私が通り過ぎる瞬間的評価、また先生方とは関係なく私の独断で行っているものですから、我が子の教室が大賞や準大賞ではないからといって、お子様を手ひどく叱ったりなさらないでください。子供の考えを深める話題にしてもらうので十分です。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

達成困難な課題へも挑戦する@運動会

(5月10日校長発)

    • 週刊朝日5月20日号(10日発売)の63ページからの「選ばれる私学」というシリーズ座談会記事に、6校の一人として私が出席した記事が掲載されております。二時間にわたる座談の要約記事ですので、話したことの半分ほどしか載っていませんが、機会があればご一読なさってみてください。

さて、28日(土)が運動会ですので、本番まで3週間を切りました。

気持ちを張りつめた文武両道の期間にしてほしいと思います。

    • 「文武両道」など古めかしいことを言うなとお思いかもしれませんが、「武」というのは、心と体を鍛えることを意味します。

      字の成り立ちからして「武」は「戈(か)」を「止」めるというのが本来の意味です。「戈(か)」というのは、柄(え)の先に刃を垂直につけた鋭い殺生具ですが、それを「止める」というのが「武」です。

      ですから、「武」は、敵の攻撃から我が身と我が愛する者を守るという意味が本来で、我が身と愛する者を守るためには、なによりも心と体を鍛えなければならないというのが「武」の意味です。

      したがって、「文武」は「知識と教養を身につけ、心と体を鍛える」という意味になり、古今東西、普遍的な真理といえます。

      有名中学や高校などで、「自分はあの学校の運動会に参加したいから、苦しい受験勉強を勝ち抜くために勉強するのだ」という子もいるぐらいに、運動会や体育祭に力を入れているところがあるのは、そういうことからだと思われます。

ちょっと理屈に走りましたが、運動会まで怪我のないように過ごしましょう。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

1年生を迎える会/

(5月9日校長発)

    • 昨日(8日)の夜、福島原発1号機の建屋のドアを開放するので内部の放射性物質が、いくらか空中浮遊するというニュースが流れましたが、その影響は東京都健康安全研究センターの毎時調査において、まったくといってよいほど見られません。
      ※放射性物質を壁などに吸着してからドアを開放したからですね。

      8日と9日を、同時間において比較して掲載します。

       ○ 東京5月8日午前7時ー午前8時の1時間・・・→0.0654ミリシーベルト
       ○  〃5月9日午前7時ー午前8時の1時間・・・→0.0660ミリシーベルト
       ※震災前の東京の平常値最大値・・・・・・・・→0.0790ミリシーベルト

      併記しましたように、震災前の最大値が0.0790ミリシーベルトですから、昨夜の建屋ドア開放があっても、都内は平常とおなじく安全な状態にあります。

      ちなみに、同安全センターの測量値をもとに、私が毎日計算している放射線量の累積値(東京都)を書いておきましょう。

       ○ 震災後から5月8日までの累積.・・・・→0.1082928ミリシーベルト
       ○ 上記の値を、1年間365日に換算すると→0.7186704ミリシーベルト
       
      1年間1.0ミリシーベルト以下であれば、乳幼児をふくめてまったく安全域ですので、現下の状況は上の計算からも、安全ですので、お子さんを安心して登校させてください。

           ※上の値は、いずれも24時間屋外で過ごしたときの「被曝量」ですから、
                屋外にいる時間が減れば、その分だけ、さらに少ない「被曝量」になります。

      また、放射性物質の減少にともなって、線量の年間換算値は、3月→4月→5月とだんだん減少しております。これは、福島原発事故とたたかっておられる第一線技術陣の皆様の尊いご尽力のお陰だと深く感謝しております。※「自分たちで起こした事故なので修復に命をかけるのは当たり前だ」という論者もいますが、私はそれとこれとは別だと思っております。

              ・・・・・誤解のないように書いておきますが、私の縁者や知人に、
                 東電をふくむ原発関係者はおりません。上のように第一線技術者の方に
                感謝と敬意をもつのは、一教育者としてです。

さて、本日は連休明けの第一日、いよいよ運動会へ向けて始動しますが、入学以来一ヶ月をへて、少しずつ学校生活になれてきた一年生をさらに元気づけるために、児童会が「一年生を迎える会」を開いてくれました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

谷間の授業/運動会校庭設営/卒業生

(5月6日校長発)

見出しに「谷間の授業」と書きましたが、もちろん山間の峡谷で授業したという意味ではなく、GWの谷間の授業という意味です。

世間では10連休というところもある今年のゴールデンウィークでしたが、本校はその10日間のうち、今週の月と金だけが普通授業の日ですので、見事に谷底に当たりますね。

頑張って登校して子供たちに拍手です。

私は連休後半を利用して、2泊3日でしたが、九州に一人残す母見舞いに帰省してきました。母の介護が目的ではあっても新緑の田舎の空気は身も心もリフレッシュさせてくれます。

さて、この連休が明けると、9日から運動会の練習時間割「若桐時間」の日々が始まります。

今日の放課後、先生たちで運動会用の校庭ライン引き等設営を行いました。

中高校になると生徒実行委員会の手で行いますが、小学校は子供をはやく帰らせる関係で、先生たちが中心で準備しますので、大変です。

もっとも子供たちの自主性を育てるために、要所では子供たち自身に準備させる場面も多々出てきますが、一番最初は先生たちで設営します。

この準備も、都市大小学校の先生方は本当に楽しそうにやるから大したものです。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

305,138円/ミクニレッスン第2講/運動会へ/立夏と麦秋/卒業生来校

(5月2日校長発)

ゴールデンウィークの谷間ですが、GW前半を皆様はどのようにお過ごしになったでしょうか。

私は、29日と30日、一泊二日で「ブリティッシュヒルズ」(イギリス村)に行ってきました。

ブリティッシュヒルズは英国の中世を再現した村で、英語体験、英国体験ができるテーマパークです。

福島県天栄村にありますので、放射線量が、東京の二倍から三倍ですが、いずれにしても屋外に5時間以上いなければ、年間換算値にしたときに、法律に定める安全基準の「1ミリシーベルト」を超える被曝にはならず、安全圏です。

それでも、風評被害にはかてず、来客はとても少なく、ゴールデンウィークだというのに、閑散としていました。

それだけに、家内といっしょに行ったのですが、私たちの訪問をとても喜んで款待してくださいました。

建物はマナーハウスをはじめ、どれもびくともしていませんでした。3月11日は大きな揺れだったそうですが、一部調度品が倒れたぐらいだったそうです。建物のほとんどは、イギリスから移築建築されているのですが、日本の大工さんの耐震免震の技術を加えたというだけあって、頑丈にでき、あの巨大地震を耐え抜いたわけです。

ブリティッシュヒルズまでは、東北道を車で走って行ったのですが(道中、車に降りかかる放射性物質は、風で吹き飛びますので、窓を開けなければまったく安全です)、渋滞にいたるところで合いました。しかし、今回の渋滞は、東北を応援する人々による渋滞ですので、気持ちが大変うれしくなった渋滞で苦になりませんでした。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)