東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

2010年12月アーカイブ

良いお年を/夏休み生活展(41)

(12月25日校長発)

年内の先生ブログは本日までとさせていただきます。

1月8日(土)、始業式の翌日、1年生と2年生の餅つき大会を実施します。

また、1月7日の始業式には国際的なゲストをお迎え致します。おしのびですので、いまは明かせませんが、お楽しみに。

良いお年をお迎えください。

新年の先生ブログは、1月6日からの再開とさせていただきます。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

クリスマスイブ/夏休み生活展(40)

(12月24日校長発)

今日はクリスマスイブです。公立小学校は今日が終業式のところが多かったようですが、一足先にお休みに入った本校の皆さんはもう冬休み6日目ですね。充実した休みを過ごしているでしょうか。

6年生、がんばってくださいね。

1年生から5年生も、自分たちだけはのんべんだらりとしていいというのではなく、6年生が勉強に頑張っている姿を想像して、自分たちも頑張ろう、そういう絆をもつことが都市大っ子の素晴らしさなのだと思うということを終業式で話しましたが、思い出してくださいね。

元気に素直に頑張る子のところにサンタクロースさんはやってきます。

もう今頃は北の遠い空の国を旅立って、皆さんの家へプレゼントを配ろうと一生懸命トナカイの橇(そり)を走らせておられることでしょう。

校長先生の家にはサンタさんはもう来ません。子供が大人になってしまったからです。なんかさびしい気持ちがしますが、わがままは言えません。大人の家までプレゼントを運んでいたら、子供の皆さんのところに配りきれないことになりますからね。

さあ、きょうは夜更かしをしないで早く休んで、明日の朝を楽しみにまちましょう。

校長先生はクリスマスプレゼントは当てにせず、美味しいものをいただいて休みます(笑)。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

夏休み生活展(39)

(12月22日校長発)

冬至。冬至については昨日の記事で書きましたが、いよいよ明日より日がだんだん長くなりますね。

さて、今日の記事は夏休み生活展の作品三題をアップするだけです。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

一陽来福/夏休み生活展(38)

(12月21日校長発)

いよいよ明日12月22日は冬至。お日さまが出ている時間が一年でもっとも短い日。昼がいちばんみじかくて夜がいちばん長い日ですね。

「昼がいちばん短い」というと、暗く湿っぽいイメージを持ちますが、しかし、昔から人はこの日を「一陽来福(いちようらいふく)」といって、これから陽気がまさりはじめ福が来るのだといって明るい気持ちで迎えました。

    • 一陽来福・・・陰(くらさ)が極限をむかえたので、あとはもう陽(あかるさ)がどんどんと回復するばかりだ。福がやってくるぞ、春がやってくるぞという考え方ですね。

冬至にはゆず湯を沸かしたり、かぼちゃ料理を食べたりして英気をやしないます。

6年生、受験をひかえて猛勉強だと思いますが、ゆず湯にしっかりつかり、おいしいものをいただいて頑張ってくださいね。「一陽来福」は君たちのためにある言葉だと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

終業式/塩尻女子バレーボール部/夏休み生活展(37)

(12月20日校長発)

終業式を終え冬休みに入って二日目が終わろうとしていますが、子供たちは元気に過ごしていることと思います。

一昨日の終業式では2題の話をしましたが、受験を控えている6年生には一学期終業式と同じように厳しいお話をしました。

6年生といえどもまだ小学生、厳しい話は可哀そうではないかという向きも世間にはあるわけですが、決してそうではないと思っております。かわいそうという方が、6年生を馬鹿にしていると思っております。

もう12歳。かつては「社会人」として働いていた年齢です。

そんな昔の話を持ち出して、時代錯誤(アナクロニズム)じゃないかと言う人がいることを承知のうえで言っているのですが、そのあたりは、父母の会広報委員の皆さんの求めに応じて、広報誌「若桐」で私の考えを述べておりますので、ご覧いただければと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてお読みください)

降霜と子供たち/富士/XmasCake/夏休み作品展(36)

(12月17日校長発)

今日で授業は終わりですので、二学期締めの授業を全クラス、カメラにおさめようと思ったのですが、時間をつくれずに3教室だけに終わってしまいました。残念。

いよいよ明日(18日)は終業式。

終業式の私の話は、何を話してあげようか思案中です。

4月に着任以来、私は一学期から二学期と駆け抜けるようにやってきた思いがしております。

これまで大過なくつとめさせていただいておりますが、

ひとえに

快活で優秀な子供たちに支えられてのことです。

そして、

思いやり深く協力精神の高い保護者の皆様、

あたたかく見守ってくださる地域の方々と学校評議員の皆様、

幼児教室をはじめ本校をご支援くださる多業種の皆様、

質の高い教職員、

ときに縁の下の力持ち、ときに強力なリーダーシップの理事長、総長ならびに法人事務局の方々と都市大グループの皆さん、

記して感謝の気持ちを表したいと存じます。

明日、終業式を終えたあと、教職員は校内研修会を行います。

そのあと、やっと納会。

そのため、明日はひょっとすると「先生ブログ」の執筆がおぼつかないかもしれません。ご理解ください。

冬休みに入りましても年末まで「先生ブログ」は更新してまいりますので、書きのこした宿題はおいおいアップしてまいりますので、それでご容赦を。

    • 続き(見出しクリックしてご覧ください)も書き終えて、これをアップしたのが17日の午後八時近く。さて明日の終業式の校長講話の準備をして帰ろうとアリーナに行ったら、教室が全室あかりがついています。ああ、先生方が「成長のしおり」を完成させる追い込みにかかっているのだな、これじゃ私も帰れんな・・・・・うーーーん、うーーーーん(←悩むな!校長!)

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

音楽集会/夏休み作品展(35)

(12月16日校長発)

12月もとうとう残すところ二週間となりました。子供たちは明日17日を学び終わったら18日が終業式、はれて冬休みに入ります。(※でも6年生は受験直前で冬休みもお正月もなく大変な日々であるわけですが、気持ちは新春を迎え大きく飛躍しようという正月らしい気持を持たなければなりません。)

師走にはいり忙しいのは何も学校の先生だけではありません。みなさん、お正月を迎える前に済ませなければならないことに奔走しておられるようです。

学校にも大勢の来訪客がひきもきらずお出でになります。お目にかけていただき、私どもとして大変光栄なことです。忙しいのは師走の常ではありますが、保護者の皆様もお忙しい年末でしょう。お体に気をつけられますよう。

さて、今朝は児童会主催(音楽委員会)の「音楽集会」が開かれました。児童会集会はいつも楽しく、先週こそ所用で出られませんでしたが、私はいつも楽しみにさせてもらっています。

 

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

月曜の表彰式/富士/夏休み生活展(34)

(12月15日校長発)

昨夜9時過ぎに、メールで、14日8時以後が「ふたご座流星群」による流れ星のピークだということを教えてくれた方がいらっしゃいます。これこそ、私が、昨日の記事で皆様に知らせ注意喚起すべきことがらでしたね。

いくら忠臣蔵ファンとはいえ、赤穂浪士討ち入りの日だということだけにかまけた己を反省します。

ピークはすぎても今晩もしくは明晩もみられるそうです。

本日も、ひきつづき「防犯教室(セーフティー教室)」が行われました。今日は5年生対象。月曜日から三日連続で、それぞれ1年生、3年生、5年生と受講してきたのですが、講師のO先生(元警察官)が腹話術やら手品やらも駆使して、それぞれの学年の児童に合わせた話術と道具をつかって、実に見事なお話をいただきました。

月曜日、四年生の安全マップ作りの小宮先生もお話が上手でした。

私としては、防犯教育にかかわる方々がいかに話術で子供たちをひきつけて防犯意識を高めようとされているか、そういうことにも深く感じ入った今週の取り組みです。

以上の取り組みについては、後日の掲載とさせていただきます。お楽しみにお待ちください。

水曜日朝の会「しずか大賞」

  •  大賞:1桜、1桐、3桜、3桐、4桜、4桐、5桜、6桐
  •  準大賞:2桜、2桐、6桜

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

都政ギャラリー展/糸繰り@お蚕体験/マフラー編み/いただきもの

(12月14日校長発)

今日は12月14日、忠臣蔵として語りつがれている赤穂浪士四十七士の吉良邸討ち入りの日です。旧暦(太陰暦)12月14日のことですから、明治時代から使われるようになった新暦(太陽暦)になおせば、1月30日のことだといいます。

ですから、実際の気候にはおよそ一ヶ月半のずれがあります。しんしんと冷えた雪の日の討ち入りだったといいますよね、現代でも12月よりは1月から2月にかけてのほうが冷え込みますので、旧暦12月14日が現代の1月30日のことだったというのは、なるほどとうなずける話です。

でも、忠臣蔵ファンには、この「12月14日」という日付が大事なのですね。12月は音楽ではベートーベンの「第九」、芝居では「忠臣蔵」と相場もきまっておりますので、今宵は大石内蔵助をはじめ赤穂四十七士と吉良上野介をはじめ吉良邸でなくなった護衛の武士をしのぶのも一興でしょう。

( ↑ といいながら、実は、校長が忠臣蔵ファンじゃないのかな?という鋭い突っ込みがあるやに思いますが、その通りです・笑)

まくらが長くなりましたが、そういうわけで12月もあっという間に半分が過ぎました。終業式まで、あと3日。先生たちも通知表(成長のしおり)作成をはじめ、学期末業務にてんやわんやです。

そういう師走のあわただしい中、昨日、うれしいことがありました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

今日のこと

(12月13日校長発)

全校朝会で次の表彰を行いました。

    1. MOA美術館出展代表作品表彰
    2. 交通安全ポスター(最優秀賞および金賞)
    3. 交通安全協力感謝状(警視庁より)

以上のほか、本日は防犯に関する企画が二学年でありました。

    1. 四年生「地域安全マップ作り@毎日新聞大丈夫キャンペーン」

       立正大学教授の小宮信夫先生(犯罪社会学)が開発された防犯企画を本校4年生対象にやっていただき、大変勉強になりました。
    2. 一年生「防犯教室(セーフティ教室)」

      成城警察署より2名の警察官(1人はOBの方)

それで、私の全校朝会でのお話もそれに関するお話としました。中国の論語より「君子危うきに近寄らず」という言葉を紹介してお話しました。

以上の詳細は後日とします。後日掲載がもう5ー6本たまりました。1本ずつが短い記事になるかもしれませんが、冬休みにかかっても子供たちの様子をお知らせすることはやめませんので、ご了解ください。

 地域安全マップづくりのことは、今日のもう一本の記事「速報連絡」でお知らせしましたように、12月14日付毎日新聞朝刊に掲載されることになっています。

(本日は、続きをしたためる余裕がないため、続きはありません。申し訳ないです。)

速報連絡:12月14日毎日新聞で4年生安全マップ教室が報道されます

本日、本校で実施しました「地域安全マップ教室@毎日新聞大丈夫キャンペーン」が、12月14日毎日新聞朝刊で報道されます。(地域版かもしれないということです)。ご覧いただければと思います。

1年2年の体験/夏休み生活展(33)

(12月10日校長発)

今日明日と出張ですので、先生ブログの更新がおぼつかないのですが、

それでも、やっぱり都市大っ子たちの学校生活は、いろいろなことがいっぱいあって、私に先生ブログの更新をせまります。出かける前に予定していた仕事を日曜日にまわして大急ぎで更新します(笑)。とってもうれしい悲鳴です(泣・・・泣くな校長のくせにですよね(笑))。

  1. 1年生が、いま、クリスマスカラーの襟巻(えりまき)・・・えりまきなんて古い表現ですね(笑)、マフラーですよね、三日前からマフラーを手編みしています。完成した子が襟に巻いて見せに来てくれました。
  2. 2年生が、「お蚕体験」をやっていることは、何度かお知らせしてきましたが、そのお蚕が繭(まゆ)をきれいに完成させて中にいたサナギが成虫に羽化して繭(まゆ)の外に出てきて、さらに卵をうみつけるというところまでやってきました。
     成虫は卵を産むとやがて天に召されるわけで、その一部始終をみることで「命」ということに思いをはせることができるわけです。
     そして、残された繭玉(まゆだま)をお湯につけて糸繰り(いとぐり)をすることも体験中です。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

夏休み生活展(32)

(12月9日校長発)

  1. 本日は保健委員会主催の児童集会がありましたが、私は家から直行の用向きがあり参加できませんでした。
    そのため、児童集会の写真を掲載できません。保健委員さんが劇仕立てで集会を演出してくれたのですが、大変もうしわけなく存じます。
  2. 本日、3年生4年生の児童定員欠員補充の転入試験を実施しました。公立小学校からの転入希望だけでなく、ほかの私立小学校からの転入希望者もおられました。
    競争率が生じているだけでなく私立小学校からの希望者もあるという点に本校を魅力的に感じてくださっている方が多くなっているということがうかがえます。
    これも児童の皆さん、保護者の皆さんの日頃の学校生活への取り組みのおかげと感謝いたします。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

 

柿の木の風情/夏休み生活展(31)

(12月8日校長発)

きょうは、69年前に我が国が米英に宣戦布告した開戦記念日ですね。8月15日の終戦記念日とあわせ、これらの日は、人によってさまざまな思いが去来する日です。それらの思いをすべて包んで、戦争における尊い犠牲に対する哀悼、そして今の日本の平和と繁栄を享受していることへの感謝の思いはともにいたしましょう。

本日、私はこれから出張です。先生ブログはお休みすると申しましたが、大いそぎで書いてから出かけます。そういうわけで、きょう12月8日は早い時間のアップですから、12月7日の記事を読んでいない方はそちらもご覧ください。

    • 水曜日恒例「しずか大賞
       大  賞:1桜、1桐、3桜、3桐、4桜、5桜、5桐、6桜、6桐
       準大賞:2桜、2桐、4桐

(続きは、↑↓見出しをクリックしてからご覧ください)

ハプニング/夏休み生活展(30)

(12月7日校長発)

本日は、日比谷公会堂において私学振興全国大会が開かれましたが、会長さんはじめ父母の会役員代表の方々にご参加いただきました。寒い中、ご苦労様でした。

さて、見出しに「ハプニング」と書きましたが、皆さんの後学のためにも記しておきます。

・・・・・まことにだらしないことですが、私のパソコンキーボードにお茶をこぼしてしまったのです(なんだ、ハプニングってそんなことか、それは校長しかやらないでしょ?用心深い私たちの後学にはならんよ・・・と言わずにお聞きください・笑)。

仕事をしているとき、私の机の上はかなり乱雑です(仕事していないときもじゃないのかなあという声がきこえてきますが、あえて言い訳はしません・笑)。

いつもは用心をして、お茶を置くスペースは決めているのですが、きょうはそこに仕事中の書類を置いていたものですから、ものぐさを決め込んで、お茶を手元に置きました。

置くとき一瞬「ここでこぼしたらパソコンにもろにかぶるなあ?」と思ったのですが、まあ手をひっかけてもキーボードの反対側にこぼれるだろうからと高をくくったのです。

それが間違いでした。確かに、座ってキーボードを打ちながら茶碗をひっかければ、外側に倒れてパソコンは安全なのですが、机から立って移動しなきゃならんこともあるわけですよね。そこを想像できない自分が浅はかだったわけです。

案の定、机から離れて再びもどってきたときに、茶碗をシャツの袖口に引っかけてキーボードの方にこぼしてしまいました。

あわててティッシュで拭きとり、「思ったより手前にこぼれてキーボードの中には入らなかったみたいだな」とほっとしたのですが、さあ、マウスをもって操作する段階で、思うようにポインターが動かないし、画面スクロールボタンも自由がきかない、コンピューター回路に水滴がついているに違いありません・・・茶碗をこぼしたとき以上に真っ青になりました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

読書感想文特別表彰/「礼」ということについて/夏休み作品展(29)

(12月6日校長発)

昨日の日曜日、東京都庁の都議会都政ギャラリーに行ってきました。先日皆様にもご案内しましたが、本校児童4名の作品が選抜展示された東京都児童作品展を見学するためです。朝寝坊してしまって午後になってしまったのですが、M君とお母さんに会うことができました。ひょっとすると他の3名の方は午前中に行っておられたかもしれませんね。申し訳ないです。

作品展の模様については後日掲載したいと思います。

本日もいろいろとお客さんがあったほか、児童関係先生関係で多くのことがありました。

    1. 本日は、父母の会厚生部の主催で、給食試食会があり、大勢の保護者の方々がお出でになりました。そのことについては後日掲載します。
    2. 全校朝礼があり、読書感想文特別選抜の表彰を致しました。先だって配布しました「つぼみ」35ページに掲載された5年生の優秀賞「命の教室」を書いたAさんです
      また、全校朝会の私の話では、「礼」ということについてお話しました。
    3. そして、本日、鈴木先生の初任者授業研究が行われました。先生方の反省会では授業を受けるたいどなどの教室のようすについても意見交換がされましたので、後日、機会をみて先生ブログで触れたらと思っています。

そういうわけで、ブログのアップが大幅に遅れました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

大根掘り/柿の贈り物/

(12月4日校長発)

とても良いお天気の一日でした。昨朝の豪雨が嘘のよう。あの豪雨では都内でお亡くなりになった方々もいらっしゃったようです。お悔やみ申し上げたいと思います。

きょうは、2年生が大根掘りに出かけました。

また一ヶ月前の入学試験に合格した新年度入学予定の子が制服採寸のために保護者同伴で来校いたしました。

お天気がよくて大変良かったと思ったことでした。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

季節はずれの豪雨/土日は都庁ギャラリーへ/英語の授業/夏休み生活展(28)

(12月3日校長発)

今朝がたの豪雨では児童の登校を心配して

主幹教諭の先生と打ち合わせをしたのですが、

私の不手際で、ご家庭への一斉メール配信ができませんでした。

豪雨、川の流れのような道路、電車ダイヤの乱れという中を

強風にあおられながら、ぬれ鼠になって登校した児童の皆さんに申し訳なく、

また保護者の皆様に大変なご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。

そして、何よりも事故もなく無事に登校してくれた児童の皆さんに

敬意と感謝の気持ちを送ります。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

人参掘り/感謝のつどい報告集会

(12月2日校長発)

今朝の児童集会は、先週実施した「感謝の集い」活動の報告集会でした。主催は広報委員会。

また、本日午前、3年生が岡本三丁目にある中村農園で「人参掘り」体験を致しました。1年生のさつまいも掘り、2年生のサトイモ掘りにつづく下級生の畑体験第3弾。

本校教育コンセプトは、

低学年は「からだ全体で学ぶ」、

中学年は「共に学ぶ」、

高学年が「自ら学ぶ」

ですが、3年生は「からだ全体で学ぶ」から「共に学ぶ」へと移行したばかりの学年です。そういう学年における畑体験。もう貫禄充分に農作業をやったのではないかと思います。

私は来客等のために同行できませんでしたが、帰ってきた三年生が校長室へ報告にやってきてくれました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

 

師走/夏休み生活展(27)

(12月1日校長発)

しずか大賞

大賞:1桜、1桐、2桜、3桜、3桐、4桜、5桜、6桜、6桐

 準大賞:2桐、4桐、5桐

きょうは全教室が入賞。大変うれしく思いました。準大賞のクラスも、わたしが一言、しーっと口に手を当てるだけでとっても静かになったのも大賞と同じぐらい嬉しく思いました。こういう素直さが人には大事です。しっかり成長している皆さんに「ありがとう」とお礼を申します。

校内巡回のとき、

ある子が誕生日占いを教えてくれました。

私は○月△日ですが、その日の解説に(誕生日占いの本なのですが)、

「この日に生まれた人があなたに何でも冗談を言うようになったら、あなたに心を許した証拠です」みたいなことが書いてありました。ピンポン、当たりです。・・・・・・・・

・・・・・・というか、私の本音は誰にでもいつでも四六時中、冗談を言っていたい・・・・・・・・(笑)

最近の国会をみていると、私が国会議員なら議場全体をいつも笑いで包んでいたいと思います(あなたに国会議員がつとまるわけないと言われそうですね・・・・・よくわかっていますが・笑)

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)