東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

2011年6月アーカイブ

七夕の準備/都市大グループの活躍/夏休み生活展(80)

(6月30日校長発)

    • 今日は外に出かける用があるため、早い時間にアップしています。29日記事を未読の方はそちらもご覧ください。

学校のできごとではありませんが、最近、あまり日をおかないで二回、国道246号線上り線で、事故による渋滞に巻き込まれました。

急いでいるのに、にっちもさっちもいかない大渋滞で、「この時間帯にどうして渋滞するんだろう。きょうは、沿線で何か特別なことがある日かなあ。イベント情報を仕入れてから車を運転する必要があるなあ」と思いながら、完ストしたり、とろとろ走ったりしていると、やがて、「事故」という赤い文字を照らすパトカーが目に見えてくるわけです。

いつも家族には、事故に気を付けて運転するようやかましく言っておりますが、必ず付け加えるのが、「事故は自分の単独事故であっても、大渋滞を発生させて、社会全体に迷惑を及ぼす行為だということを頭に刻み込んで運転せよ」ということです。

ましてや人を傷つける事故の原因に自分がなっては絶対にいけません。

日頃、口にしていることについて、我が身が原因ではありませんが、この間、つづけて経験しましたので、 お互いに今一度、「安全運転」のみならず、「まきこまれにくい運転」というものを心がけたいと思い、記してみました。 

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

実力テスト終了/フルーツサラダ/夏休み生活展(79)

(6月29日校長発)

    • 水曜日「静か大賞」
        
        大  賞:1桜、2桜、3桜、4桐、6桜、6桐
        準大賞:1桐、2桐、3桐、4桜、5桜、5桐

      全教室入賞です。

      5年生は、多くの子が合唱部練習からもどってきた直後でしたので、少しおまけが入っています。みんなで「静かにしよう」とか「校長先生が来るよ」とか注意しあっている姿がほほえましかったですね。

      低学年の教室でも「静かにしよう」とか「○○君、話をやめよう」とか注意しあう姿がみられ、都市大っ子に育ちつつあります。

      ところで、私が回るから静かにするというのはどうかと思われる向きもあるでしょうが、私はそれでも良いと思っています。人を意識して行動するというのは「君子(くんし)」の始まりだからです。

      そこから始まって、人を意識する訓練を積んでいくと、いつのまにか人の目を気にしなくとも、自律的に集中する力がつきます。そのときには、「努力しないで、いつも話してばかりいる人」とは雲泥の差(うんでいのさ)がつきます。

きょうはことのほか、先生方は、案件がいっぱいの職員会議のあと、教育機器のプレゼンテーションもあり、大忙しの毎日でした。

学期末が近づき、先生方は授業等通常の業務に加えて、学期末の特別業務が盛りだくさんの季節になっているのですが、元気に頑張っています。

児童の皆さんも、こんな先生方にしっかりついていってほしいと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

6年実力テスト/学校評議員の会/夏休み生活展(78)

(6月28日校長発)

 本日は、6年生の「第一回実力テスト」。明日29日まで続きます。第二回は秋。来るべき中学受験に向けての実力養成と受験指導に活用するものですので、6年生はひときわ緊張してのぞむテストです。

 大いに実力を発揮してもらいたいと願っています。

 また、本日は、5年生の保護者の皆様に、7月12日からの「臨海学校」説明会にお越し願いました。

 本年度は、福島第一原発からの放射性物質海洋投棄によって海洋汚染の心配がつのっていることから、関東における臨海学校を見合わせる、あるいは臨海そのものを中止する小学校が増えています。

 そういうなか、本校が従来、実施してきた伊豆半島戸田(へた)海水浴場は、今のところ、特段の心配のない状態だということなのですが、まだ原発事故が収束していない状況で、今後の予断を許さないこと、関東域にきわめて近い土地ということなどを考え合わせて、同海水浴場での実施を見送りました。

 しかし、本校における「5年臨海学校」の位置づけ(海の生活、海の安全管理教育等)から、中止ないし林間へ振り替えなどにはせず、臨海学校を実施できる可能性、諸条件をさぐってきました。

 そして、遠い所になりますが、瀬戸内小豆島の余島キャンプ場が見つかりましたので、そこで実施することと致しました。皆さまのご理解をお願い申し上げます。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

全校朝礼/卒業生来訪/非常時発電機/夏休み生活展(77)

(6月27日校長発)

月曜日全校朝会でしたが、このところの全校朝会は、子供たちを「叱る」内容が続いており、他の話題にして欲しいなあと思っている子も多いと思います。

私自身も、子供たちの知識や教養の元になる話をしてやりたいのですが、「躾」ができていなければ勉強は身につかないので、いやがおうでも、「躾」の話を繰り返しています。(つづく)

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

じょうほう新聞/4桜音楽/夏休み生活展(76)

(6月25日校長発)

  ※きょうはお昼にアップしています。昨24日記事を未読の方はそちらもご覧ください。

3年桜組の豆新聞記者の皆さんが、自分たちでつくっている「じょうほう新聞」を見せてくれました。アンケートに答えてほしいというので、答えましたが、そのアンケート内容は、

    1. 好きな記事は何ですか→□まんが □みんなの名前をおぼえよう □うらない
    2. すきなことは(     ) とくいなことは(      )
    3. お誕生日は(     )
    4. のせてほしいことは
    5. お気づきの点がございましたら書いてください(                   )

でした。1は、みんなの名前をおぼえようにチェックを入れました。

 2から4はご想像にお任せします。5は、「字をきれいに書くと、もっとすばらしい新聞になります」と記入しました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

梅体験/カッティングカー/夏休み生活展(75)

(6月24日校長発)

 ちょっと私事になりますが、私の友人の娘さん(成人)が悪性脳腫瘍と診断され、腫瘍の大きさは5cmほどもあるそうです。私も幼少のころから良く知っている子なものですから、かなり大きなショックを受けております。

 突然言語障害がおきて診察を受けたところ、脳腫瘍が分かったそうです。ついこの前まで元気だったわけですから、病魔というやつは知らないうちに人を侵すものなのですね。知らない方の病気にも同情はわきおこりますが、親しい人の、分けても年若の場合は、同情よりさらに深い衝撃が襲ってくるものです。

 しかも近々結婚をひかえていた身での突然の発症で悲しみが二重三重です。

 両分子フコイダンという健康サプリが脳腫瘍には有効だと聞きましたが、特効薬がないものかどうか、私も呆然としつつ思案の毎日です。

 私事からはじめてしまって申し訳ありません。 

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

飼育集会/カッティングカー(後日回し)/夏休み生活展(74)

(6月23日校長発)

21日からつづけた幼児教室学校見学会は本日で終わりました。

きょう、10時40分より私がご案内した皆さんには、ちょうど1年生の子がトイレで、「いたずら」をして先生からご注意をきつく受けているところに出会いました。

その先生は、あとで、私にあやまりましたが、とんでもない。私はにこにこして良いところを見させていただきましたとご返事を申しました。

1年生は入学してから二ヶ月ちょっとですから、中には、立派な都市大っ子になるにはまだまだ「とば口」の子もいます。担任を中心にしながら、私ども全教員で都市大っ子に育て上げるつもりで目を注いでおりますが、ちょうど、その瞬間をご覧いただくことができたわけで、校長の私としては、「このようにして立派な都市大っ子に育てるのです」ということが言えましたので、嬉しい気持ちだったのです。

実は、私は、今週から低学年の子たちと給食をともにすることにしました。月曜日に1年桜組に行きましたのを皮切りに、火曜日、1年桐組、水曜日、2年桜組、本日木曜日はお弁当の日ですが、2年桐組に行きました。いつも「おいた」をしている子が、きちんとすることができたり、何よりもみんなが楽しくお食事をしている姿をみることができて、うれしく思いました。

2年生のY君が、「校長先生が大好きです。またきてください」とお手紙をくれましたが、もちろん、教室替わり番子にごいっしょしますので、私こそよろしくお願いいたします。

上級生のところも回りたいのですが、いまは一年生をはじめ低学年が優先です。我慢してくださいね。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

クラブ活動/夏休み生活展(73)

(6月22日校長発)

今日も、学校特別見学会でした(第二日)。幼児教室から大勢の方々にご来校いただいています。明日までの三日間合計でおよそ140名の方々がご訪問なさいます。

子供たちは今日も緊張せずに普段着の姿をみせていましたが、「注目を浴びる都市大っ子」だという意識をもつことは大事なことです。その意識を向上心につなげることができるからです。

人に見られることを意識しないで育った子よりも、少しでも良く見られようと努力する子のほうが伸びると思います。格好だけをつけるのは駄目ですが、普通は、格好をつけると、やはり、それにふさわしい心になろうとするからです。

↓ さて、今朝の巡回、楽しみにまわりましたが、今日も成長している都市大っ子をみることができました。

    • 静か大賞

      大  賞:1桜、3桜、3桐、4桐、5桜、5桐、6桜、6桐
      準大賞:1桐、2桐、2桜、4桜

      きょうも全教室が入賞。素晴らしいと思います。なかには、正直に「今まで話していました」と申告してくれたクラスもありますが、その正直が嬉しいのと、少なくとも私がのぞく直前には静かにできたということですから、期待感との合わせ技で「準大賞」というところもあります。

      でも、ひと月ほど前からすると、先週も書きましたが、一歩の前進であることは間違いありません。後戻りしないことが大事です。

      上に書いたように、きょうもお客さんがいっぱい見えました。都市大小学校に入りたいという子が増えています。それだけ、本校児童の責務は大きくなっていますからね。これからもがんばりましょう。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

ミニトマト/特別見学会/夏休み生活展(72)

(6月21日校長発)

本日から三日間にわたり、幼児教室特別見学会を実施しています。

校内施設と授業を巡回見学いただきますが、初日の本日、子供たちがときに快活にときに静粛に授業を受けている姿が躍動的で、好感をもってご見学いただけたのではないかと思います。

本日おいでくださった保護者の皆様、幼児教室の先生方、ありがとうございました。

皆さまが建学なさることを知らず授業にのぞんでいる生の姿の都市大っ子です。

1年生の教室をご案内しているとき、先生の問いかけに一斉に「はい」「はい」「はい」と手をあげていました。

昨年度も「子供たちが一斉に手をあげてこたえる姿が印象的で、7校まわったなかでいちばん素晴らしかった」といって本校選択の理由にされたお母さんがいらっしゃいましたが、そんな都市大っ子の面目躍如の見学会でした。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

全校写真@創立55周年/徳のある人/夏休み生活展(71)

(6月20日校長発)

今月朔日(ついたち)6月1日は本校創立記念日で、本年は55周年記念日でした。

父母の会では「周年行事」として、0と5のつく周年に(つまり5年ごとに)「全校写真」を撮影し、全校児童に配布してくださっていますが、この55周年にあたっても、伝統を継いで実施してくださることになりました。

本日お昼休みに撮影しました。できあがりをお楽しみにお待ちください。

※ 以下、今日の記事はかなり長くなりますが、我慢してお付き合いください。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

4年理科研究授業/夏休み生活展(70)

(6月17日校長発)

きょうは先生方は放課後、校内研修会です。

初任者の先生や経験の若い先生方が積極的に授業研修を進めていることや、校外における一斉研修などについて、これまでもお知らせしていますが、児童の学力向上、心の成長、そして都市大小学校の発展のために校内においても研修を深めています。

もちろん私も参加致しますが、終了後すぐに出かけなければなりません。

それで、本日はブログ記事をアップできないかなと思いましたが、時間がとれましたので、アップ致します。但し、いつもより早いアップです。

 ※そういえば、昨日、朝の巡回中に一年桜組に私が声をかけると、ひとりの子が「せーの」と音頭をとるではありませんか。なにごとかと思っていますと、その子が「校長先生」と大きい声で呼びかけるのです。

 私が、「なーに?」と聞き返そうと思った刹那(せつな)、全員が唱和して言うには、

 「絶好調!」

というのです。「こうちょうせんせい、ぜっこうちょう」の語呂合わせダジャレなわけですが、いやいや、ありがとうというか、感心しました。きょうは森島先生もいっしょにやっていただきました。

一年生も絶好調で成長してくださいね。

  昨年も、ある子に「校長先生、絶好調」のフレーズは会うたびに言われていましたが、教室全員が唱和してくれるというのはありませんでした。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

保健集会(児童会)/二宮金次郎

(6月16日校長発)

 二宮金次郎のことはどなたもご存じのところです。でも、「二宮金次郎」という題を読んで、「これはこれは、どういう記事になっているのだろうか?」と思われたことでしょう・・・いや、二宮金次郎を学校で教えなくなって久しいですから、ひょっとすると、今の若いお父さんやお母さんには知らない方もあるかもしれないですね。

 江戸時代の農学者で藩や村など各方面の農業指導と財政再建に力を発揮した二宮尊徳(にのみやそんとく)という人がいるのですが、その幼名を二宮金次郎と言います。

 その二宮金次郎は、小さい時から、お家再興のために寸暇(すんか・・・ちょっとの時間)を惜しんで勉強したといいます。

 その勉強の仕方は、働いている時も勉強できる条件があれば勉強したといわれ、山でとった薪(まき)を背中に背負って家に帰る道々、読書をしながら帰ったというエピソードに象徴的です。

 昔はどこの小学校にも薪を背負って読書をする二宮金次郎の銅像があったのですが、戦争中、金属が足りなくなったため、金次郎の銅像も銅の供出にかりだされ、いっぺんになくなってしまいました。その後、復活していないのが私は大変残念に思っています。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

2階フロア/6桐授業/私が輝いた30秒間(その5)

(6月15日校長発)

 運動会で、小泉信三先生の「練習は不可能を可能にする」という言葉を中山先生に教わったことをお話しましたが、これはスポーツだけではなく日々の生活にも当てはまると思います。

 努力をすれば、できなかったことができるようになる。また、ちょっとの心がけで自分の状況を良く変えることができる。・・・・・そんなことを考えた日でした。

 そのとっかかりが水曜日恒例の児童自学自習の朝の会を巡回してのこと。

きょうは全教室が準大賞以上だったのです。先週までの状況で、全教室「準大賞」以上になるには、まだまだかかるかなあと思っていたのですが、今週、実現したのですから、都市大っ子はできる!

 来週は全教室「大賞」を目指してほしい。

    • 静か大賞

      大   賞:1桜、2桜、3桜、4桜、4桐、5桜、5桐、6桜、6桐
      準  大 賞:1桐、2桐、3桐

       ・・・今日の準大賞の3クラスは努力がみられ、もう少しで大賞になれます。

       ・・・なぜなら・・・・準大賞でも多くの人はいつものように静かに勉強していました。その人たちだけなら「大賞」間違いなしです。

       でも、それだけでなく、きょうは、話し声を立てている人も注意を受けるとすぐに静かにしました。
       
       しかも、先週、注意した人が静かにしていた。

       ・・・これならば「大賞」になれると確信しました。校長先生はとてもうれしかったですよ。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

給食/図画展示/私が輝いた30秒間(その4)

(6月14日校長発)

今日は午前中、都市大付属二子幼稚園まで出かけました。

本校入学を希望する園児保護者の皆様へ都市大小学校についてご説明するためですが、例年の説明会よりも多い参加者で、用意した資料が間に合わずご迷惑をおかけしました。あとでお送りすることに致しましたが、同じグループであるとはいえ、本校に関心をもっていただく方が増えているということは大変うれしいことです。

先週土曜日の「学校公開」参加者も増えましたことを考え合わせ、今後とも、教職員一同ますます磨きをかけて、尊い少年少女時代を立派に育て上げるよう精進してまいりたいと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

表彰/ミクニレッスン第3講/君はどっち?/「私が輝いた30秒間」その3

(6月13日校長発)

見出しのように、本日は記事にしたいことが盛りだくさんですので、それぞれ手短に書いてまいりたいと存じます。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

学校公開/「私が輝いた30秒」(その2)

(6月12日校長発)

本日の学校公開(公開授業、学校説明会)には359組736名の皆様にお越しいただきました。

雨でお足もとの悪い中、昨年を上回る方々のご来校に心より感謝申し上げます。

本校児童たちも張り切って皆様に元気な姿を見せてくれたと思います。

付属中学校ホール(アルママタホールといいますが)での学校説明会では校長挨拶が大変長くなり、長時間ひきとめることとなり、皆様にご迷惑をおかけしましたが、その後の学校紹介、入試説明までご清聴たわまりありがとうございました。

また、大勢の方々にアンケートにこたえていただき感謝申し上げます。今後に活用させていただきます。

震災対応でいちばん大事なことは、いざという時にパニックに陥らないで、てきぱきと行動できる「心」の育成だと申し上げましたが、私ども都市大付属小学校が全教職員一丸となって、児童の「豊かな心」と「高い学力」をやしなって、震災に対応できる「心」を育てていることを感じ取っていただけたのではないかと思っております。

今後ともよろしくお願い致します。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

<5年生の詩>私が輝いた30秒間@運動会(その1)

(6月10日校長発)

時の記念日ですね。

きょうは午後出張が入っておりますので、大いそぎで先生ブログを仕上げようと焦っています。

「時間というものの大事さ」を感じながら、いま編集作業をしていますが、出張の準備もまだ残っているし・・・・・・、明日の学校公開の挨拶も仕上げをする箇所が残っているし・・・・・、あ、あのことも今日やっておくんだった・・・・・・

     (なんだい、さもさも忙しいかのように言いながら校長の愚痴こぼしじゃないかという声が・・・・・ごめんなさい・笑)

でも、「時の記念日」にふさわしい午前中を送っているような気がします(笑)。

  今日はそういうことでお昼のアップです。昨日9日の記事を未読の方は、そちらもどうぞお読みください。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

11日は学校公開/先生頑張る!(その2)/卒業生来校

(6月9日校長発)

明後日は、いよいよ今年最初の平成24年度入学希望家庭保護者を対象とする学校公開(公開授業、学校説明会)です。

先生たちも授業準備のかたわら、放課後、迎え入れの準備に取り組んでいただきました。

都市大小学校の名声が高まることは在校生にとって大変誇らしいことであると思います。

昨年度の学校公開のときに、授業を受ける都市大っ子が素晴らしい姿を見せて、来校保護者の方々から賞賛の声が届きました。

今年も都市大っ子の授業レベルの高さを見せるようにしてほしいと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

取材続き/運動会写真

(6月8日校長発)

    • 静か大賞(水曜日恒例)
       大   賞 1桜、2桜、2桐、3桜、4桐、5桜、5桐、6桜、6桐

       ※高学年の3階は物音ひとつしない、しーんと静まりかえった朝でした。
        運動会で見せた姿同様、6年生、5年生全員の模範的な姿がとても印象的な朝。


本校は、いろいろと注目をあびることが多くなり、今年度に入ってから取材が続いています。

来週も取材が入りますが、きょうも読売新聞社「ムック」の取材を受けました。

学校が注目をあびるということは、校外における児童の様子も注目をあびるということです。

多くの都市大っ子は行儀も良く、挨拶もしっかりできる児童です。ほめられることも大変多いのですが、校内だけでなく校外においても、だれ一人、乱暴なふるまいや常識はずれの行動をすることのないよう、ご家庭におかれても立ち居振る舞いについてご指導いただければ幸いです。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

「77年前の恩返し」/初任の先生がんばる!

(6月6日校長発)

昨日、書きそびれた「77年前の恩返し」とは、新聞だけでなくテレビニュースでもやりましたので、今更あらためて書くまでもないように思いますが、アーカイブとして残すつもりで触れておきたいと思います。

地震と津波という震災で漁船漁具すべてを失った岩手県久慈市漁協に対して、228隻もの漁船が送られたというニュースです。送り主は、北海道函館市東部の漁港で、「とどほっけ漁港」というところからだそうです。(・・・とどほっけ漁港は、椴法華漁港と書くそうです。とてもありがたいお名前ですね)

このニュースを読んで、私は心があたたまるだけでなく、「人間の尊さ」ということについて考えさせられました。自分が学ばなければならないことがこの世にはまだまだたくさんあるなという思いにかられたのです。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

試食会/付属両中学運動会/「77年前の恩返し」

(6月6日校長発)

本日は給食試食会が開かれました。大勢のお母さん方が参加されましたが、お疲れ様でした。

栄養士さんをふくめ2名の方がお出でになり、質疑に応じていただきました。質問は、原発事故にからんで「食材の産地を教えてほしい」という一件でしたが、食材ごとに産地を記入したものを持参いただき、いずれも東北地方のものは一つもふくまれず、東京都をはじめ長野県以西、遠くは九州、四国の農作物を使っているという回答がありました。

皆様にもご安心いただきたいと思います。

私がお聞きしたところでは、安全第一を旨として営業しながら、節電対応や困難な食材調達のなかで給食費等はそのまま据え置きのため、経営が圧迫されているということでしたが、児童の命を守るために今後も頑張るとおっしゃってくださいました。

ありがたいことと感謝した次第でした。

ところで、土曜日と日曜日には、それぞれ都市大等々力中学高校(女子部)と都市大付属中学の運動会、体育祭がありました。ご案内いただきましたので、私も参観したのですが、見学に行っていた本校児童や本校出身の生徒に会えたことが(全員ではありませんが)何よりもうれしいことでした。 

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

運動会@小学校受験新聞

(6月3日校長発)

本日は、先生方の一斉研修で休校。、

今年は吉祥寺の成蹊小学校で行われました。

一斉研修の意味については、昨年の記事→http://tcu-elementary.ed.jp/blog/2010/06/in.html

をご覧ください。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

夏休み生活展(69)

(6月2日校長発)

    • 運動会のようすについて、ご来校できなかった保護者の皆様のためにも急いでご報告したいのですが、もうすこしお待ちください。

本日、幼児教室の先生方を対象とした学校説明会を渋谷のセルリアン東急で開催しました。今まで参加されなかった幼児教室の先生方も多数おいでいただき、過去最高の出席者数となりました。

数名の先生方といっしょに都市大小学校の子供たちの取り組みを紹介しましたが、大勢の方々から素晴らしい学校ですねと言っていただきました。

「躍進する都市大付属小」の評価がますます高まっていることを実感できた一日でした。

これも、先生方の指導をよくきき、成長しゆく子供たちの日々の努力の賜物であり、なによりも保護者の皆様のご支援ご協力のおかげと感謝申し上げます。 

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)