東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

2011年9月アーカイブ

おまたせ2年林間レポート/1日2日は等々力中高文化祭

(9月30日校長発)

     ※本日の記事は昼にアップしたもう一本があります。ご覧ください。

4年生が林間学校から全員無事に帰ってきました。

3泊4日は小学生にとっては長い旅だったようです。

帰ってくる子供たちに「おかえりなさい」と声をかけても、元気に「ただいま!」とこたえられる子はわずか。ほとんどの子は疲れた表情でした。

まとめの解散式でも先生方が「わかりましたか?」などの問いかけをするのに、かすかな声で「はい」というだけ・・・・・

疲れているんだなあと思いましたが、さすがは4年生!と思わせたのは、橘先生がさいごに「月曜日は元気よく会いましょう!」と声掛けしたときの

「はーい」という大きな声が一斉に出てきたときです。やるときはやるなあ!感心しましたよ。

とにかくお疲れさまでした。お隣の付属中高の先生が、「小学4年生で3泊4日もするのですか?すごいなあ。とても良い経験になるでしょうね」と感心しておられました。

引率同行の教頭先生や橘先生、秋山先生が皆さんおっしゃっていたのは、「林間学校を通してたくましくなった4年生」ということです。本校の中核となる児童です。がんばってほしい。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

林間速報(4年その6)/林間レポート3年(その3)

(9月30日校長発)

 4年生がもうすぐ到着します。3時半から3時45分の到着と連絡が入りました。

昨日のうちに届いたり、今朝早くに届いたりしていたのに、私がグループ校の急な用事ができて学校にお昼にしか到着できなかったため、速報といいながら速報になりませんが、橘先生のレポートと柚木先生のレポートを掲載します。

また、4桐のお母さんからコメントを頂戴しました。以下、転載します。

         ↓   ↓

    • こんにちは。今日は4年生が八ヶ岳から元気に帰ってきますね。

      昨日、祖父母宅に、八ヶ岳からのハガキが届いており祖父母も喜んでおりました。

      先生ブログからも様子がわかりましたので、校長先生や橘先生に感謝いたします。

      大自然の中こどもたちもいい空気を吸ってリフレッシュして、成長してくることと思います。

      お世話になりありがとうございました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてください)

トイレの話@山本先生の豆知識講座vol.5

(9月29日校長発)

       ※本日は、朝のうちに、3年生 と 4年生 の「林間レポート」を
         二本別立てで書いております。
         ご覧になっていない方はそちらもご覧ください。

 

いよいよ今日、二年生と三年生が林間学校よりもどってきます。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

林間速報(4年その5)

(9月29日朝vol.2、校長発)

     ※今朝二本目の林間速報です。vol.1は3年生の速報でした。
      これは4年生の速報です。前の記事をご覧になっていない方はそちらもどうぞ。

橘先生から、今朝、木漏れ日のさす道を散歩する四年生の姿が送られてきました。

見るだけですがすがしくさわやかな気持ちになります。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

林間速報(3年その2)

(9月29日朝、校長発)

   ※これは速報です。きょうの記事はお昼過ぎにもう一つアップの予定です。
    ただ、きょうは私学会館(市ヶ谷)に出張がありますので、短い昼記事になる
    かもしれません。

3年生に同行している柚木先生(理科専科)からレポートその2が昨夜届けられました。

昨夜のうちにアップできなくて申し訳ありませんでしたが、今朝、ここに大急ぎでアップします。

   ※この3年生と、2年生はきょうの午後帰校します。
       予定時刻は、3時45分(3年)と3時半(2年)です。

     私はすでに出張に向かっている時間ですのでお出迎えできないのが残念です。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

林間レポート/5年6年授業/公演「葉っぱのフレディ」

(9月28日晩、校長発)

    ※本日の記事は、朝、昼、晩の3本あります。
       と  の記事を未読の方は、そちらもご覧ください。

1年生が元気よく帰ってきました。

私が玄関で声をかけた子、どの子もどの子も

「楽しかったです」 「校長先生も来ればよかったのに」

と、元気な返事をしてくれました。

全員無事が何よりです。

私が言うと手前みそ、仲間内ののことになりますが、担任をはじめ引率同行の先生方やお手伝いの皆さん、本当にご苦労様でした。 きょうは各ご家庭で、土産話のなかに先生方にお世話いただいたことも花咲くことでしょう。

2、3、4年生も順調に行程を続けているようです。帰りを楽しみに待っております。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

林間速報(4年その3)/

(9月28日昼:校長発)

     ※28日記事は「朝発信」のものもあります。

     ※また27日記事をご覧になっていない方はそちらもどうぞ。

4年生橘先生から速報が届いていますので、夕方になる前に、本記事で速報します。

      また、いま1年森島先生から連絡が入り、午後2時半から45分ぐらいに学校に帰着
     するということです。報告が楽しみですね。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

林間レポート:3年(その1)、4年(その2)

(9月28日朝、校長発)

     ※ きょう28日の記事は、夕方にも、アップ致します。

          ※ 27日の記事をご覧になっていない方は、そちらもご覧ください。

3年生に同行している柚木先生から昨日のレポートが届きましたので、お知らせします。

また、4年生の橘先生からも引き続きレポートが届いていますので、あわせて掲載します。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

林間学校へ出発/5・6年生/卒業生/付属両中高の文化祭

(9月27日校長発)

林間学校へ4年生以下が出かけて、学校は高学年のみの生活です。

1階と2階がもぬけの殻状態なので、さびしいなと思っていたら、6年生が休み時間に校長室へやってきてくれました。おお、頼もしいな。

ところが、私はちょうどそのとき、都市大職員の方からいただいた沖縄土産を口に入れていたところでした。6年生は何食わぬ顔で見逃してくれ、

「うん、やさしい子たちだ。将来、見込みがあるぞ(笑)」

と思ったことでしたが・・・・・・・・

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

魔法使いの少年/表彰式/林間学校週間/過去問チャレンジ@付属中学校

(9月26日校長発)

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものですね。

23日のお彼岸の中日が過ぎたら、ぐっと涼しくなってきました。

お彼岸が春と秋の年に二回あること、それで、上の言い伝えを昔の人は残してくれていることを全校朝会でこどもたちにお話ししました。

そして、お彼岸とはどういうことなのかは、おうちの人に聞いてくださいと言っておきましたので、よろしくお願い致します。校長の私が逃げたのではなく(笑)、きょうの全校朝会は表彰式で時間がかかるので、私の話をできるかぎり短くする必要があるためですので、ご理解願います。

・・・・・・・・いやいや、校長の話は長すぎると子供たちが言っているので、短くするのはいいことだぞ、という声が聞こえてくるようですが(笑)、それは相すみません(笑)。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

図書集会/台風愚痴話/秋の全国交通安全運動

(9月22日校長発)

  • 秋の全国交通安全運動が始まりました。昨日から9月30日まで。
    この間、1年生から4年生までは林間学校があり都会の喧騒を離れた生活もありますが、毎日の交通安全にはくれぐれも気をつけましょう。

    運動の重点は、担当の滝澤先生に教わりましたが、

    1.夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止
      (特に反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)
    2.全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
    3.飲酒運転の根絶
    4.二輪車の交通事故防止

    だそうです。皆さん、気をつけて行動しましょう。
  • 明日23日(お彼岸の中日)から三連休となります。気をつけてお過ごしください。先生ブログも三連休をいただきます。

 

さて、昨日の台風は勢力を落とさないままにスピードをぐんぐん上げて関東地方から東北地方へとぬけていきました。

林間学校前健康診断ができなかったのは申し訳ないことでしたが、早く下校させて良かったと思いました。

きょう全校児童が元気よく登校してくれ、朝の児童集会をそろって経験でき、昨日の無事下校を確認できてほっと致しました。

ところが昨日は私が間抜けなことになりました。午後出張だということを書きましたが、天気予報で午後上陸といっていましたから、研修会の主催者に実施の有無を問い合わせたのです。

そうしましたら、予定通り実施という返事。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

ある「パニック体験」@ごきぶり騒動/静か大賞

(9月21日校長発)

 台風の当たり年というのがありますが、今年は当たり年というだけでなく、先の台風12号による紀伊半島以西に大災害をもたらし今も地域によっては土砂ダム決壊の危険にさらされていることなど、何十年に一度の当たり年のようです。

 きょうは、台風15号が東海地方上陸、関東地方から東北へと縦断する模様です。

 今朝は、下校時刻繰り上げ見込みの通常登校と致しましたが、雨が本降りになったり止んだりするなか、児童たちは元気よく登校しました。

 その後の天気予報をにらんで、午後早い段階の下校ではなく、児童の安全確保のために午前中早い段階での下校としました。

 早い時間帯の下校帰宅で、ご家庭によってはご迷惑をおかけしたところもあるかと存じますが、ご理解願います。

 また、1,2年生は予定していた「林間学校前健康診断」を中止せざるをえなくなりましたので、申し訳ないことですが、持病等お持ちでご心配のある各ご家庭におかれては、それぞれかかりつけのお医者さんにご相談いただければと存じます。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

東初協水泳記録会/

(9月20日校長発)

恐縮ですが私事からはじめます。

昨日は敬老の日でしたが、お彼岸もちかいため岳父母のご先祖の墓参りに行き、その帰りに年老いて二人暮らしをしている岳父母のところに墓参報告に立ち寄りました。

まず岳父方の墓所である小平霊園に参ってから、岳母方の墓所に参りました。

岳母の故郷は茨城県結城市で、ご先祖の菩提寺は称名寺です。鎌倉幕府高官の評定衆(ひょうじょうしゅう)の一人である結城朝光が開いた寺ですが、先の大震災で多くの墓石が倒れ、まだ修復できていないものもありました。

昨日も、あるご夫婦が修復のためにメジャーをもって墓域を測っておられました。お寺さんにうかがったところでは、本堂をはじめ寺務所などは大丈夫でしたが、先の大震災はかなりの揺れだったそうです。

福島第一原発からの放射線もそうは降らず、安定している地域ですが、東北道を走るとやはり今回の被災と今もたたかっている人々に思いをはせ、早い復旧復興をあらためてお祈りいたしました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

水泳大会/明日18日は東初協水泳記録会in成蹊小学校/夏休み生活展の片づけ/卒業生の活躍

(9月17日校長発)

本日は4年生以上の上学年による水泳大会でした。

3年生以下は普通授業で、水泳大会観戦もなりませんでしたが、上学年になって出場したり応援したりできる日を心待ちにしてほしいと思います。

きょうの水泳大会出場選手にエントリーされた子のなかには、幼稚園時代からスイミングスクールに通っているという「強者(つわもの)」もいます。

下級生も、いま水泳に燃えている子がいると思いますが、来年、再来年、三年後を楽しみにしておりますからね。

明日は、選抜された児童が東京都初等学校協会主催の水泳記録会に出場します。午前9時から吉祥寺の成蹊小学校にて開かれます。選手の活躍を期待します。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

おたより/整美児童集会

(9月16日校長発)

昨日の教育懇談会には大勢おいでいただきまして、まことにありがとうございました。

さっそく、その感想を先生ブログにコメントとして寄せていただいたり、おたよりを頂戴したりして、ありがとうございます。

本日はこれから出張ですので、早いアップとなりますが、昨日の整美集会のもようと合わせてご紹介したいと存じます。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

整美児童集会/教育懇談会

(9月15日校長発)

本日は、朝の児童集会にはじまって、教育懇談会がありました。

昨日も書きましたように、私は午前中は夏休み生活展の写真撮影を終わらせるために大童(おおわらわ)。やっぱり汗だくになってしまいました。

大勢の保護者の皆様が作品見学なさっているところを、汗対策に着たきたないシャツとジャージー姿で無残なところをお見せし、また見学の邪魔になるような撮影をしてしまってご迷惑をおかけしました。

でも、おかげさまで、三作品だけはお預かりしましたが、そのほかの全作品をカメラにおさめることができました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

きょうは短い記事で・・・/明日15日は教育懇談会・授業参観です

(9月14日校長発)

    • 水曜日恒例の「静か大賞」

       大  賞:1桜、2桜、2桐、3桜、4桐、5桜、5桐、6桜
       準大賞:1桐、3桐、4桜、6桐

      今日の準大賞のいくつかは、ちょっとうるさいので私が注意したので静かになったクラスも含まれています。

      また、大賞のなかには、用事があって立ったりしている子がいたクラスもありますが、一言も話さないで用をすませる(ほかの子に迷惑をかけない)という立派な態度の子であったりして、大変感心させられました。

さて、今日の記事はこれで終わりにさせてください。

というのは、夏休み生活展の作品撮影に一日追われてしまって、つい今しがた、研究展示部門の撮影が終わったばかりです。

まだ、工作部門が一つも終わっていません。

でも、汗だく・・・・・・ただ撮影するだけなのに、汗だくになりました。やはり力作ぞろいなので、撮るほうも汗が出てくるのでしょうね。

私が撮影している間、理科の柚木先生が、外部の理科コンテストに出品する作品を選定していましたが、柚木先生は脳に汗をかいていたようすでした。なんとか外部出展の佳作に選ばれるように祈る思いです。

それでは、明日の朝はやく出勤してから撮ろうと思いますので、きょうは、これで帰らせていただこうと思います。どうぞご理解のほどをお願いいたします。

明日は教育懇談会・授業参観の日です。それが始まるまでに何としても撮り終えたいと思います。

まだご覧になっていない方は明日おいでになってご覧になってほしいと思いますが、本当に力作ぞろいですから、お楽しみにご来校ください。

 (そういうことで、続きはきょうはありません)

卒業生/地域安全マップ教室(その1)@小宮信夫教授

(9月13日校長発)

夏休み生活展が始まってから、日曜日をはさんで、もう5日目を迎えています。

保護者の方々も多数おいでいただいていますが、15日の教育懇談会のときにと思っておられる方々も多いことと思います。お隣の付属中高の先生方も足を運んでいただき、口々に「素晴らしいですね」と感想をのべておられます。

昨日は五島育英会から本校監査にこられた先生方にもご覧いただきましたが、「毎年拝見しているが、今年も本当に素晴らしい」と言ってくださいました。

子供たちも、休み時間を利用して、お互いの作品を見合っていますが、大作、力作、名作をまえに、心から感動しているようです。感動する心が良い子に育つ力ですから、私は横でみていて嬉しくなります。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

仲秋の名月/地域安全マップづくり教室@小宮教授/      おーいお茶新俳句

(9月12日校長発)

きょうも暑い日でしたね。

9月も中旬に入ってなお、この暑さですが、熱中症等に気をつけるようにしていただきたいと思います。

そういえば、きょうは「仲秋の名月」です。

全校朝会で子供たちにお知らせしようと思っていたのに忘れてしまいました。

朝会の私の話では、土曜日の学校公開で立派な授業態度や5年生の「ふるさと」合唱などで、とてもよく来校された方々をおもてなししてくれたことに対して、全校児童にお礼を申し述べることだけに終始してしまいました。

夕方6時ごろから大きな満月がのぼってくると思います。、

昼間は暑くても夕方は涼しさがおとずれていることでしょう。

ご家族でゆっくり眺めていただければと存じます。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

学校公開・オープンスクール

(9月10日校長発)

来年度新入学児童募集にむけて、本日、学校公開(授業公開、入試説明会、オープンスクール)を致しました。

今年度第二回の「学校公開」でございましたが、大勢の保護者の皆様、お子様にお越しいただきました。

少子化の進む中、また震災の経験から、電車やバスで遠距離通学しなければならない私立小学校よりは近場の公立小学校に進ませたいという空気がある中、本校まで足を運んでいたただき、大変ありがたいことに存じます。

(続きは、↑↓ 見出しをクリックしてご覧ください)

重陽の節句/紙ヒコーキ/のこぎり実習/実習生の皆さん、ご苦労様でした

(9月9日校長発)

    • 明日10日は、「学校公開、入試説明会、オープンスクール」です。本校に関心をお持ちの大勢の皆様のおこしを心よりお待ちしております。

さて、今日は「重陽(ちょうよう)の節句」ですね。

それで、きょうの前書きはちょっと「ずる」をします。

以下、「重陽の節句」に関する説明ですが、少し書き変えたものの、ほぼ昨年の記事のコピーなのです。勉強は同じことを何度もして身につく・・・ということでお許しを。去年の記事を覚えている方は飛ばして「続き」へ飛んでください(笑)。

  .

   <昨年のまえがき>   

        ↓     ↓

今日は、五節句のうち「重陽の節句」です。

    • 五節句とは、
      人日の節句(じんじつのせっく...正月7日...七草)
      上巳の節句(じょうしのせっく...3月3日...桃、ひなまつり)
      端午の節句(たんごのせっく...5月5日...菖蒲、鯉のぼり)
      七夕の節句(しちせきのせっく...7月7日...たなばた)
      重陽の節句(ちょうようのせっく...9月9日...菊)

ご覧のように五節句は月日がひとけたの同じ奇数が重なった日です。

古代中国では偶数よりも奇数のほうが尊い数字と言われました。その一桁(ひとけた)の奇数の中で、「9」はもっとも大きいので、特に尊ばれました。

その尊い数字が重なったということで、9月9日を「重陽の節句」と呼びます。・・・・・※陰陽道(おんみょうどう)で奇数が陽、偶数が陰とされます。

重陽の節句は菊の節句ともよばれ、菊の鑑賞をする日でもあります。

五節句のなかで子供になじみの薄いのが、きょうの重陽の節句ですが、年配になるにつれ、各地で催される菊の展示会などで知るようになってくる節句です。

菊は「翁草(おきなぐさ)」と呼ばれ、薬効により長寿をもたらすと言われてきましたので、菊をかざることで長寿を祈る日なのです。

私が重陽の節句を知ったのは高校生のとき。神社の子に教えられてのことでした。

都市大小学校の皆さんはこの機会に覚えてくれればと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

登下校方面別集会/都市大付属の自動車部が大活躍/

(9月8日校長発)

 9月3日の記事で、台風12号がそれて休校にしないで良かったと書きましたが、関東直撃からそれたために、四国から紀伊半島の人々が大打撃を受けました。

東京に一年間で降る雨の量がわずか三日間で紀伊半島に降り注いだといいます。
地域によっては、<津波>が空からやってきたみたいなところもあったようです。お見舞い申し上げます。

 <わが身が良ければ人の身が危ない、わが身の無事だけを喜んではいけない。
  わが身の無事が確認されたらすぐに人の安全に思いをはせよ>

という教えが昔から伝えられておりますが、東日本大震災につづく今回の惨禍においても、そのことを痛感している次第です。

 南紀地方に知人がいて自治体の要職についていますが、被災者救援、被災復旧のためにてんてこ舞いではないかと推測しております。

 そういう知人や被災者の方々には申し訳ないことですが、関東は台風のあと、さわやかな秋晴れがつづき、すごしやすくなっております。スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋(料理の秋)を満喫しつつも、ひきつづき、今年はじめの被災、このたびの被災に思いをはせてゆきましょう。

 「思いをはせる」ということは、楽しいときには大いに楽しんで良いけれども、決して浮かれすぎない、羽目をはずさない、それが被災した方々への思いやりであるということです。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

夏休み生活展がきれいに並びました(9日から公開)

(9月7日校長発)

二学期はじめての水曜日。先生方の長い職員朝礼の間、私が教室巡回しました。

静か大賞

 大賞:1桜、1桐、2桜、2桐、3桜、4桐、5桜、5桐、6桜、6桐

 準大賞:3桐

何度も言いますように、私の独断で決めているものですから、ご家庭で口やかましくおっしゃることはありません。それでも私がこのように毎週発表しているのは、担任の先生がいなくても自分たちだけで静かに自習や読書、朝の会ができる・・・・・私が通って挨拶をする瞬間だけ努力するのでもよいのです・・・・・・「塵も積もれば山となる」ではないですが・・・・・そういう積み重ねが一人ひとりに「気づき」をあたえ、クラスの雰囲気を良い方向に持っていくと思っています。

私はこの「静か大賞」はほんとうに長い目でみています。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

感動する心@豊かな心/授業のひとこま/避難訓練/土産話

(9月6日校長発)

きょうはまえがきなしです。続きに進んでください。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

朝会/ミクニレッスン/教育実習生と牛乳パック船づくり/夏休み生活展

(9月5日校長発)

夏休み明け第二週。

全校朝会にはじまって、きょうも子供たちは充実した毎日を送りました。

毎日感じていることですが、都市大小学校の生活は、子供たちのすべてをご報告したくなるような日々です。でも、先生ブログでご報告できるのは、どうしてもその一部にならざるをえなく、御了解願います。私もとても残念に思っておりますので。

充実しているといえば、今年の「夏休み生活展」の作品群が出そろいましたが、今年も力作ぞろいですね。 

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

土産話/牛乳パック船づくり/新しい教科書/パソコン

(9月3日校長発)

台風12号が関西にそれてくれ、休校にしないですみました。

それでも風が大変つよい日でしたね。

子供たちが楽しみにし、学校も活気づいた二学期とはいえ、やはり久しぶりの登校で子供たちも疲れたことと思います。始まって4日目でお休みがくるのは嬉しいですね。

日曜日、ゆっくり休んで、また来週元気に学校生活を送りましょう。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

9・1子供のようす/教育実習生

(9月2日校長発)

私が午後出張ですので、午前中のアップです。昨日の記事を未読の方はそちらもご覧ください。

本日より普通授業。

東京都市大学より教育実習のお姉さん先生(3人)、お兄さん先生(2人)が、9月9日までの一週間、本校で実習を行います。今朝、臨時の全校朝会をひらき、こどもたちに紹介しました。

クラスは3年以下になりますが、クラス配当のない教室の児童もお姉さん先生、お兄さん先生と積極的に触れ合ってほしいと思います。

私立小学校出身、私立中学受験を経験した人、いろいろな経歴の人たちです。わずか一週間ですが、この先生方(先生の卵)から多くのことを吸収してもらえればと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

学校が始まりました/「二百十日」ということ

(9月1日校長発)

いよいよ学校が始まりました。

やっぱり子供がいてこそ学校です。活気ある子供たちをまえにして、さあ、充実した二学期にするぞ、と私どもも気が引き締まります。

先生たちは、きょう、こどもたちを帰したらさっそく職員会議でした。今週は月火水と三連続の全教員研修会をやり、きょうが職員会議。先生たちは、気が引き締まっていますよ。

先生たちにまけず、子供たちも気を引き締めているようです。

始業式にのぞむ様子をみていましたら、一年生もひとまわり成長したように感じました。夏休みが充実していた証拠でしょう。二学期が楽しみです。

さて、きょうは「防災の日」。災害時のために、1年生は「引き取り訓練」ということで保護者の皆様にご来校いただきましたが、ご苦労様でございました。

児童、保護者、教職員ともに気の引き締まった二学期始業式でした。

   ※ 始業式と引き取り訓練のことは明日の記事に回させていただき、
     きょうは、「二百十日」にちなんで、私が始業式でお話したことを
     書いておきます。ご家庭でも話題にしていただけたらと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)