東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

〇音楽会週間を感動的に終えることができました。
 月曜「予行」、水木曜「音楽発表会本番」、土曜「鑑賞会」
〇本日、和洋コラボの音楽鑑賞会(三楽器)

(校長発:令和2年10月24日土曜) 晴れ


 ※20日からブログを休みまして大変申し訳ないことでした。実は妻の父(岳父=がくふ)が他界して葬儀等がありましたものですから忌引きをいただいておりました。音楽発表会も休んでしまい、その校長挨拶もすべて副校長にお願いしましたが、挨拶のなかで、校長お休みの理由に触れることは伏せてもらいました。理由を申しますと、せっかくの音楽発表会に水を差すことになると思ってのことですので、なにとぞご容赦いただければと存じます。

 私がお休みをとっていても、音楽発表会について、副校長がメールにて、21日も22日も詳細な報告をしてくれたおかげで、どの学年、クラスとも成功のうちに進行していることが手に取るように分かりました。児童が本当に頑張っていることが分かりましたので、私も落ち着いて岳父のお弔いに取り組むことができました。児童の頑張りに、心より感謝申し上げます。

 オーチャードホールに一堂に会して開く音楽発表会こそできませんでしたが、今年の学年ごとに分散して実施した発表会は、打楽器や鍵盤楽器、そして物をつかっての音作りだけで構成したものでした。大脇先生、日下先生の指導のもとに、本当に工夫がこらされた楽器演奏、音作りになっておりましたので、皆様の心に永遠にのこるものとなったのではないでしょうか。アリーナがオーチャードホール並みの会場にすら心に映ったのではないかと思います。

 練習しか拝聴できなかった私ですが、どの学年、クラスとも練習を積むごとに素晴らしさを増していきました。私の心にも永遠にのこる音楽発表会となりました。本番を体験した皆様にはなおさらのことと存じます。

 そして、きょうは音楽会週間の総仕上げでした。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

.
【音楽鑑賞会/尺八・琴(筝曲)・ピアノ】

音楽会週間の仕上げは、プロ演奏家の音楽鑑賞会でした。これも密を避けるために、3回に分けて実施しました。

尺八の大河内淳矢さん。琴(筝曲)の石田真奈美さん。ピアノの金森大さん。大河内さんはテレビにもご出演の演奏家。石田さんは紅白歌合戦にもご出場。金森さんは小学生ピアノコンクールで全国一位に輝いた経歴の方。また金森さんはオーチャードホールで実施の本校音楽発表会で毎年お手伝い下さっていて、今年オーチャードホールが中止になったことをとても残念がってくださいました。



お三方ともとっても有名人でいらして、下にリンクを張りましたように、インターネットで検索するとものすごくたくさんの情報が掲載されています。どうぞ、ブログやホームページ、YouTubeなどをご覧になってください。  

きょうは、6年生と4年生。1年生と2年生。5年生と3年生。というようにグループ分けして3回にわたって演奏してくださいましたが、共通の演目のほかに、それぞれの学年に合わせた演目をご用意くださいました。音合わせもオンラインでなさったそうですが、合計すると10曲以上の演奏でしたので、とても大変だったと思いますが、本校児童のために尽くしてくださいました。

お三方の皆さん、本当にありがとうございました。コロナ禍のなか、演奏会も減っていると聞いておりますが、今後のますますのご活躍を祈っております。本日はまことにありがとうございました。

  ↓ 下にリンクをはりましたので、クリックしてご覧ください。また本日の模様はその下に張りました。


   ↓ それではスライドショーで本日の模様をご覧ください。著作権の関係で音は入れてありません。


 本日の記事は以上です。

カテゴリ:

コメントする

コメント (スタイル用のHTMLタグを使えます)