東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

○7月2日全校朝会
○6年生「劇団四季」鑑賞
○児童来訪土産話
○駐日ガーナ大使のご来校

(校長発:平成30年7月7日七夕) 生憎の(あいにくの)曇り空です。各地で大雨特別警報発令。


 今日は七夕。今年の天の神様は意地悪です。

 全国で天候不良で織姫と彦星を眺めることはできませんが、深刻なのはとりわけ西日本において大雨特別警報が発令され、重大な危険を引き起こす豪雨に見舞われていることです。犠牲になられた方も多くいらっしゃいます。

 七夕の日で天の神様にささげるお祈りを、豪雨禍で苦しんでおられる方々の救いにささげたいと思います。タイの遭難少年たちの救出にもささげたいと思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

きょうまで詳報してこなかったいくつかのイベントをご報告します。.

【7月2日全校朝会】

児童会のお知らせでは、「おはようございます。最近、水泳が始まりました。水泳の授業は少ないので、忘れ物に気をつけるようにしましょう。また暑い日が続くので、水をこまめにとって熱中症にならないようにしましょう。」と呼びかけてくれました。

校長あいさつでは、ワールドカップの話題で、日本がポーランド戦の残り10分でとった作戦に西野監督の苦悶についてお話しました。決勝トーナメントに進めなくて良いから攻撃を積極的にしかけるのか、決勝トーナメントに進むことを最大の目的として絶対にミスをおかさないために逃げるのか、単純な割り切りのできないことだから、自分が監督だったら、どちらを選択するか自分の頭で考えることが大切だということを話しました。


【6年生「劇団四季」鑑賞】

6年生が7月5日の木曜日、新宿の日生ホールで開かれた「劇団四季」主催「こころの劇場」に招待され、「魔法をすてたマジョリン」というミュージカルを鑑賞しました。

学校で3時間の授業を受けた後、みんなして成城学園前駅から新宿まで電車で向かい、帰りは保護者の皆様にお迎えいただくという御労をとっていただきました。保護者の皆様ありがとうございました。

他校の児童も招待されていたのですが、最後の歌のところでは、本校6年生が拍子をとり始めて一緒に歌いはじめ、それが会場全体へ広がり、とても素敵なエンディングになったそうです。あっぱれ都市大っ子!

また、新宿駅からホールまでの短い道中、「ほら、これが甲州街道なんだよ。」と古屋先生が言うと、さすがは歴史を学んでいる6年生、「ああ、これが甲府まで続いているんだあ」と感嘆したということでした。

いろいろなことを学んだ鑑賞会だったようです。

        ↓ 劇団四季のリーフレットをフラッシュ動画にしました。


【児童来訪土産話】

 3年生が昨日、日光江戸村に行って来たと土産話に来てくれました。
 忍者にも会ったそうです。私の子供時代はテレビでは「隠密剣士」、漫画では「伊賀の影丸」というのがあって、忍者物の全盛期でした。

 忍者が高く跳べるようになる修行に、成長の早い灌木(かんぼく)を毎日飛び越えるというものがありますが、私もそれを真似て、灌木を飛び越えて学校に行ったことを思い出します。三日坊主でしたが。
       ↓ 3年生Iちゃん


【駐日ガーナ大使のご来校】

 先日お知らせしましたように駐日ガーナ大使がご来校くださいました。写真をとりましたので、大使のご尊顔をご覧ください。写真をとるときにちょうど、3年生のK君がいて大使に挨拶しましたので、大使に呼ばれてカメラにおさまりました。K君はプールのあとなので、バスタオルを羽織っていました。

       ↓


     本日の記事は以上です。

カテゴリ:

コメントする

コメント (スタイル用のHTMLタグを使えます)