東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

インフルエンザ流行開始/創立55周年航空写真撮影(人文字・学校全景)

(1月26日木曜:校長発) 天気 晴れ

【インフルエンザ情報】

    • 東京都より、「都内において、インフルエンザの流行が始まったので厳重な警戒をするように」との通達が届きました(1月19日付通達)。

      本校でも、学級閉鎖には至りませんが、インフルエンザで休む児童が増えてきています。

      6年生は入試直前です。 とりわけ気をつけなければならないわけですが、下級生の皆さんも、自分の身を守るという意味に加えて、自分がかからずに6年生にうつさないようにすることが、6年生への最大の応援だという意味があることをかみしめて、学校全体で予防運動をしていきたいと思います。

      続きに、都からの予防措置を転載しておきますので、長文ですがご一読願います。

※今朝、行われた「飼育集会」のもようは、後日、お知らせ致します。競書会についても後日の連載にしますのでご了承ください。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

.

【創立55周年航空写真:児童人文字・学校全景】

 本日の撮影の模様を下に1分弱のフラッシュ動画にしました。

   ※私は午前中、法人本部で会議でしたので、教頭先生に撮影してもらいました。
     きょうの整列では、とりわけ一年生が静粛でお行儀よくできたと激賞されました。
     その一年生の姿を私も拝見したかったなあ・・・でも、一年生、偉いぞ!!

        ↓   ↓

  <航空写真を撮影することにした経緯>

     今年の6月1日本校創立記念日のあと、父母の会の皆様が「集合写真」を撮影し、
     「創立55周年記念スチール写真下敷き」にしてくださいました。

     5周年ごとに行っている父母の会企画ということで、大変ありがたいことと感謝
     致した次第です。

     ところが、私ども学校として、平成21年に本校新築後、校舎全景の航空写真を
     撮影しておりませんでした。

     そこで、創立55周年の年度のうちに、ぜひとも校舎全景および児童人文字の
     記念写真を撮影することに致した次第です。 校舎もまだ新築3年を経ては
     いませんので、新築記念にもなると思う次第です。

     この記念航空写真は、後日、希望者の方にお分けする予定ですが、
     恐れながら、販売となりますことをご了承願います。 

【インフルエンザについて】

先日、掲載したものを再掲しておきます。医療関係の本校保護者様からの提供情報です。

クリックしてご覧ください。

       ↓   ↓

【東京都からのインフルエンザ予防対策】

以下、流行開始に伴う、予防対策の周知です。ご一読ください。

    • <個人でできる予防対策>

      ○こまめな手洗いを由がけましょう。

      ○室内の適度な加湿(概ね相対湿度40%以上)・換気を
      行いましょう。

      ○規則正しい生活を送り、体養を十分に取りましょう。

      ○バランスのとれた食事と適切な水分の補給に気を
      つけましょう。

      ○必要な時以外は人混みを避けましょう。

      ○ワクチン接種について、かかりつけ医等と相談しましょう。

      ○自分の体調の変化に気を配りましょう。特に、高齢者の方、基礎疾患を有する方などは、
      体調不良(発熱など)時にスムーズに連絡・相談ができるよう、かかりつけ医等と事前
      に相談しておきましょう。

       咳エチケットによる感染拡大防止

         ○せき・<しゃみの症状がある時はマスクをしましょう。
         ○せき・<しゃみをする時は□と鼻をティッシュでおおいましょう。
         ○せき・<しゃみをする時は周りの人から顔をそらしましょう。

      <社会福祉施設等における対策>

      (1)日常管理

      ○利用者の健康状態を定期的にチェックしましょう。

       また、感染症が発生した場合に備えて、事前に施設内の連絡体制、医療機関等の連絡先等を決めておきましょう。これらは文書として確認してお<ことが望まれます。

      ○集国内でのインフルエンザのまん延を防止するため、インフルエンザワクチンの接種に
      ついて、かかりつけ医等と相談しましょう。

       なお、高齢者等では予防接種法に基づく接種が可能です。

      ○室温、湿度等環境管理に留意しましょう。

      (2)患者発生時

      ○利用者の健康状態をきめ細か<把握しましょう。訴えが少ない者については、毎日の検
      温等により健康状態をよ<把握しましょう。

      ○利用者・職員に、手洗いや手指の消毒の励行を呼びかけましょう。手洗い、手指の消毒
      は、看護、介護等の前後、鼻をかんだ後等には必ず行ないましょう。

      ○インフルエンザの疑いがある場合には、早めに受診することが重要です。

       特に妊婦や呼吸器疾患、心疾患、糖尿病、腎不全等の慢性疾患を有する人等が罹患した場合には、重篤化する場合があるので、注意深い観察が必要です。

       また、感染拡大防止のための対応(食堂、作業療法室の一時的な使用停止や、症状のある人とない人の居室の分離等)を、可能な範囲で早期に講じましょう。

カテゴリ:

コメントする

コメント (スタイル用のHTMLタグを使えます)