東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

折り句の最近のブログ記事

卒業式を「折り句」で寿ぎたいと思います

(校長発: 卒業式 平成29年3月15日火曜)

いよいよ明日卒業式です。折り句で言祝ぎたい(ことほぎたい)と思います。

 昨年と同じ今川義元の教えを基にしてつくった折り句です。

 おととし12月の全国研修会で学んだ義元の「むごい教育」の教えにちなんだものです。とても大切な教えです。

 同じ折り句をささげるのは、昨年も今年も、いやこれからの都市大付属小学校の卒業生には、人生において「むごい教育」という言葉を知って、正しい教育の人生を大切に送ってほしいと思うからです。以下の折り句をささげます。


折り句「東京都市大学付属小学校卒業生に贈る」


 とおい昔の今川義元の教え

 うたうことを忘れた

 きびしい戦国の世

 よのなかの乱れを統一せむと

 うしろも前も敵ばかりの中で

 ときのこえをあげ(鬨の声をあげ)

 しをもおそれぬ(死をも恐れぬ)

 だいみょうのひとりに(大名の一人に)

 いまがわよしもとがいた(今川義元がいた)

 かわりみのひとじち(替わり身の人質)に竹千代をとっていうには

 くいたい物をたらふく食わせてやれ

 ふまんを口にしたときは

 そくざに実現して満足させてやれ

 くるしい苦しいと泣き言をいっても

 しかりつけてはならぬぞ(叱りつけてはならぬぞ)

 よく話を聞いて苦心や苦労をさせないようにしろ

 うつくしい人形を与えたりして ちやほやしてやれ

 がまんさせずに好き放題にさせてやれ

 つらい学問などさせなくて良いぞ

 こうすればたいていの人間は駄目になるものだ

 うつけの人間に育つものだ

 そうすれば竹千代が大きくなっても

 つよい敵となる心配はない.........

 きみたちは以上のエピソードに何を感じるだろうか

 よのなかを強くたくましく生きてゆくには

 うまいものばかり食べていては駄目だ

 せかいに羽ばたく人間になるには

 いつも好きなことばっかりやっていては駄目だ

に にじみ出す汗を嫌がらずに苦労しなさい

お おおきな仕事のできる人間になるには

く くるしいことを買ってでもするのが若者だ

る るすも守れない駄目人間に育てることを「むごい教育」と呼ぶ


※ 竹千代とは松平竹千代のこと、後の徳川家康。徳川家康は今川義元の「むごい教育」を受ける前に「苦労の幼少期」を送っていたために天下をとることができました。


   本日の記事は以上です。

ご入学おめでとうございます(折り句)

(校長発:平成28年4月8日金曜) 曇りときどき晴れ


 本日、第61回入学式を挙行致しました。
 幼稚園、保育園を卒園したばかりの80名が可愛らしくも立派な制服に身をつつんで、入場整列し、晴れの小学校生活をスタートいたしました。

 保護者の皆様にはお忙しい中、ご参列いただきまして、まことにありがとうございました。

 また、都市大学副学長の吉崎先生、五島育英会顧問の國分様をはじめ、都市大グループ各校の校長先生要職の先生方、父母の会、同窓会、学校評議員の皆様、大勢のご来賓がお祝いにかけつけてくださいましたこと、心より御礼申し上げます。

 折り句を作りましたので、つづきでご覧ください。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

卒業おめでとう 折り句をささげ君たちの大成を祈ります

(校長発: 卒業式 平成28年3月16日水曜)


 今年の卒業式も折り句で言祝ぎたいと思います。

 今年の折り句は例年と様相を変えて、今川義元の教えから折り句をつくってみました。
 昨年12月の全国研修会で学んだ「むごい教育」の教えにちなみます。

 都市大付属小学校の卒業生には、これからの人生において「むごい教育」という言葉を知って、正しい教育の人生を大切に送ってほしいからです。

 では今年の折り句「東京都市大学付属小学校卒業生に贈る」をささげます。


 とおい昔の今川義元の教え

 うたうことも忘れた

 きびしい戦国の世のこと

 よのなかの乱れを統一せむと

 うしろも前も敵ばかりの中で

 ときのこえをあげ(鬨の声をあげ)

 しをもおそれぬ(死をも恐れぬ)

 だいみょうのひとりに(大名の一人に)

 いまがわよしもとがいた(今川義元がいた)

 かわりみのひとじち(替わり身の人質)に竹千代をとっていうには

 くいたい物をたらふく食わせてやれ

 ふまんを口にしたときは

 そくざに実現して満足させてやれ

 くるしい苦しいと泣き言をいっても

 しかりつけてはならぬぞ(叱りつけてはならぬぞ)

 よく話を聞いて苦心や苦労をさせないようにしろ

 うつくしい人形を与えたりして ちやほやしてやれ

 がまんさせずに好き放題にさせてやれ

 つらい学問などさせなくて良い良い

 こうすればたいていの人間は駄目になるものだ

 うつけの人間に育つものだ

 そうすれば竹千代が大きくなっても

 つよい敵となる心配はない.........

 きみたちは以上のエピソードに何を感じるだろうか

 よのなかを強くたくましく生きてゆくには

 うまいものばかり食べていては駄目だ

 せかいに羽ばたく人間になるには

 いつも好きなことばっかりやっていては駄目だ

に にじみ出す汗を嫌がらずに苦労しなさい

お 大きな仕事のできる人間になるには

く くるしいことを買ってでもするのが若者だ

る るすも守れない駄目人間に育てることを「むごい教育」と呼ぶ


※ 竹千代とは松平竹千代のこと、後の徳川家康。徳川家康は今川義元の「むごい教育」を受ける前に苦労の幼少期を送っていたために天下をとることができました。


   本日の記事は以上です。

ご卒業おめでとうございます 折り句をささげます

(校長発:平成27年3月14日土曜 卒業式) 


 6年生の皆さん、きのうは最後の最後まで、学校清掃をやってくれて、ありがとう。

 名実共に有終の美をかざって巣立ってくれました。 

 そんな皆さんに「東京都市大学付属小学校卒業生」を折り句にしてささげます。

平成27314日卒業式

うさんのたくましいせなか           父さんの逞しい背中

つくしきかあさんのこころ           美しき母さんの心

みたちをこのとうといふたつが         君たちをこの尊い二つが

どみなくながれつつんできた          淀みなく流れ包んできた

ぶごえをあげたときから            産声をあげた時から

このだれにもまけないあいと          どこの誰にも負けない愛と

あわせになれよとのねがいで          幸せになれよとの願いで

いじにそだててくださりしことを        大事に育てて下さりしことを

つまでもわすれてはならじ           いつまでも忘れてはならじ

っこうはそれぞれにわかれゆくとも       学校はそれぞれに別れ行くとも

るしみもよろこびも              苦しみも喜びも

かくわかちあったからこそ           深く分かち合ったからこそ

よかぜのようなさわやかさで          そよかぜのようなさわやかさで

るしみをのりこえられた            苦しみを乗り越えられた

あわせをてにつかむことができた        幸せを手につかむことができた

きひのきょうをむかえて            佳き日の今日を迎えて

るむなみだはたえぬなかに           潤む涙の絶えぬ中に

たりあかすおもいではつきぬなかに       語り明かす思い出は尽きぬ中に

くせぬかんしゃのおもいこそ          尽くせぬ感謝の思いこそ

ころのなかふかくながれゆく          心の中深く流れゆく

たごえさやかなせんりつの           歌声さやかな旋律の

らたかくかけめぐり              空高く駆け巡り

かんだえいこうのしんろを           つかんだ栄光の進路を

ぼうのひかりにのせて             希望の光に乗せて

うようとひろがるぜんとへ           洋々と広がる前途へ

ちゅうくうかんのむげんへ           宇宙空間の無限へ

いいっぱいのちからをもって          精一杯の力をもって

まとびだすきみら               今飛び出す君ら


(きょうは以上です。続きの記事はありません。)

折り句【東京都市大学付属小学校卒業生を讃える】

(校長発:平成26年3月15日土曜)

本日はご卒業まことにおめでとうございます。

卒業生に、折り句「東京都市大学付属小学校卒業生を讃える」をささげます。

うねんあまりふたとせ       (十年余り二年)

まれいでてこのかた        (生まれ出でてこの方)

ずきあげきたる          (築きあげ来る)

ろこびにみちたとしつき      (喜びに満ちた歳月)

みそだててくださりし       (産み育ててくださりし)

うさま かあさまを        (父様 母様を)

たうこころや いとふかき     (慕う心や いと深き)

くさんのおもいでいだき      (たくさんの思い出抱き)

ま まなびやをすだたむ      (今 学び舎を巣立たむ)

 

しこきこに そだてよ       (賢き子に育てよ)

じけぬこに そだてよ       (挫けぬ子に育てよ)

くよかに そだてよ        (ふくよかに育てよ)

れらのねがい むねいっぱいに    (それらの願い 胸いっぱいに)

ろうして そだてこし        (苦労して育て来し)

ゅぎょくの わがこ         (珠玉の我が子)

くここまで そだちくれしぞ     (よくここまで育ちくれしぞ)

れしさの こみあぐる        (嬉しさのこみあぐる)

 

くも りっぱなすがた        (かくも立派な姿)

わぶきのはな のように      (石蕗の花のように)

んなんに まけず          (困難に負けず)

しろを むかず             (後ろを向かず)

んきょのきもちを たもちて     (蹲踞の気持ちを保ちて)

ややかなこころにて         (艶やかな心にて)

らきらと ひかれる         (きらきらと光れる)

うこうを うけるすがたぞ      (陽光を受ける姿ぞ)

つくしき              (美しき)

 

かいに いでて          (世界に出でて)

のちあるかぎり          (生命ある限り)

のこ おとめの          (男 乙女の)

ぎるこころを           (たぎる心を)

からかに うたえ         (高らかに歌え)

 

にぞ かきたき            (絵にぞ描きたき)

りいろにひかる しちじゅうはちめい(瑠璃色にひかる七十六名)

                         以上

※これは平成23年震災のあったときの卒業生にも贈ったものです。

折り句:音楽発表会の成功に向けて

(校長発:平成25年10月29日火曜)

 いよいよ音楽発表会が明日になりました。

  ※本日、東急グループ「TLトランスポート」さんに楽器等の梱包、運搬をお願いしました。
    例年のことですが、プロの技を発揮して手際よくやってくださいます。
    お陰さまで安心して明日の音楽発表会を迎えられます。ありがとうございました。

 こどもたちはこの一ヶ月、本当によく頑張って練習してきました。

 児童のこれまでの努力をたたえ、また明日の成功を祈って、東京都市大学付属小学校を冒頭に織り込んだ「折り句」を捧げます。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

○入学おめでとう
○卒業生来校

(校長発:平成25年4月8日月曜) 

 新入生の皆さん、保護者の皆様、入学おめでとうございます。

「入学おめでとう」の折り句を贈ります。

ほんいちのしんにゅうせい   (日本一の新入生)

りかごにつつまれたひびに   (揺りかごに包まれた日々に)

ららかなひかりをあびて    (うららかな光をあびて)

らだとこころがそだちけり   (体と心が育ちけり)

るおしいほどのちちははのあいを(狂おしいほどの父母の愛を)

おきくうけてそだちけり    (大きく受けて育ちけり)

をきらきらとかがやかせ    (目をきらきらと輝かせ)

にしなやかなちからをたくわえて(手にしなやかな力をたくわえて)

しだいっこのなかまいり    (都市大っ子の仲間入り)

んとたのしくすごそうね    (うんと楽しく過ごそうね)

 続きをお読みください。 

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

折り句「東京都市大学付属小学校卒業生に捧ぐ」

(校長発:平成25年3月16日土曜)   

    • 本日より本校のfacebook公式ページを公開し、学校ホームページにバナーを貼りました。開設の趣旨は後日、お知らせ致しますが、先生ブログともどもご愛読いただければ幸甚に存じます。

 卒業式の日を迎えました。

第57回卒業生の皆さん、ご卒業まことにおめでとうございます。

皆さんの将来に幸あれと心よりお祈り申し上げます。

 卒業生の皆さんが教職員にインタビューして「○○先生紹介新聞」にまとめ大階段踊り場近辺に張り出してくれましたが、私どもの一生の宝物です。

 そのなかに「むっちゃん紹介新聞」とありますので、一瞬誰のことかと思いましたら、「あ、私のことだ」と気がつきました(笑)。

 インタビューに6年生がきたとき、幼少のころのニックネームは何ですかと聞かれて、名前で「むっちゃん」と呼ばれていたことをお話したのでした。(私にもそういう時代が間違いなくありました・笑)。

 それで、「むっちゃん紹介新聞」と題してくれたのですね。微笑ましく読ませていただきました。

 ありがとう。そのお礼と卒業を祝福し、「東京都市大学付属小学校卒業生に捧ぐ」を折り句にして贈ります。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

音楽発表会を成功させましょう

(校長発:平成24年10月26日金曜)

 明日の成功をいのって「音楽発表会」を折り句にしてみました。

 とにきこえし としだいの     音に聞こえし都市大の
 どうかいとならぶ         運動会とならぶ
 っこうぎょうじ          学校行事
 ろうのすえに           苦労の末に
 ずかしくないれべるまで       恥ずかしくないレベルまで
 かむことができたはーもにー    つかむことができたハーモニー
 びのれんしゅう          日々の練習
 しや あすのほんばんは      よしや 明日の本番は
 つくしいうたごえを        美しい歌声を
 いじょう             会場
 っぱいにひびかせるぞ       いっぱいに響かせるぞ

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

入学式/卒業生来校

(校長発:平成24年4月7日土曜) 天気晴れ

 新入生に、「入学おめでとう」の折り句を贈ります。

こやかなえかおと        (にこやかな笑顔と)

たかなこころ          (ゆたかな心)

るわしきちちははに       (麗しき父母に)

しこきことも          (賢きこども)

もひとつなき          (雲ひとつ無き)

おそらのもと          (大空のもと)

てたくにゆうかくせし80めい  (めでたく入学せし80名)

とてをとりあって        (手と手をとりあって)

したいっこのなかまいり     (都市大っ子の仲間入り)

んとたのしくすこしましょう   (うんと楽しく過ごしましょう)

 

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

ご卒業おめでとうございます

(校長発:3月17日土曜 卒業式の日に】

6年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

皆さんに、

折り句「東京都市大学付属小学校卒業生を讃える」をささげます。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

1年生と2年生の栽培、総合練習、折り句

(5月18日校長発)

今日は、ブログを書く時間をとれませんでした。

それで、2月22日のブログに載せた「第二字折句」を再掲して、行をかせぎます。

せこいやりかたですが、ただ、それでも、詳細は書きませんが、きょうは都市大っ子に、以下のような折句をメッセージとして送りたい私の気持ちがございます。

お子さんに保護者の皆様から説明してあげていただけたらと存じます。

↓ 各行の先頭ではなく第二文字に、
 「とうきょうとしだいがくふぞくしょうがっこう・・・東京都市大学付属小学校」
 を折り込んであります。

  おにきこえし  (音に聞こえし)
  こけつな    (高潔な)
  いなだんじと  (粋な男児と)
  きらかなじょし (清らかな女子)

  もべんきょうもするが (猛勉強もするが)
  ひとしてのみちも   (人としての道も)
  けてわすれぬ     (決して忘れぬ)

  けかきこころをもちて (気高き心持ちて)
  あとやさしさを    (愛と優しさを)
  ふくまなび      (深く学び)
  よいきよう      (良く生きよう)

  さらんのはなのごとく (サフランの花のごとく)
  そとさきつつも    (そそと咲きつつも)
  やどうするよろこびを (躍動する喜びを)
  おみなくあふれさせ  (惜しみなくあふれさせ)

  こなくすみわたり        (こよなく澄みわたり)
  おせいにわきいずる       (旺盛に湧きいずる)
  ふきいずみのように       (深き泉のように)
  せなさにくれるともをつつみて  (切なさに暮れる友を包みて)
  ことしだいしょうにて      (ここ都市大小にて)
  まこどもたち          (舞う子供たち)

 

(続きは、見出しをクリックしてご覧ください)

卒業生にささげる折り句

(4月12日校長発)

ちょっと間の抜けたことになります。

3月19日に卒業した卒業生をたたえる<折り句>を作っていたのを、式当日にアップするつもりだったのですが、すっかり忘れてしまっていました。今日、気が付きました。言い訳になりますが、作ったのは2月24日です。その後、3・11巨大地震が起こり、卒業式を予定通りにできるかどうかの判断をくだすことに気をとられてしまい、作ったことも忘れていました。大変申し訳ないことをしました。

みんなもう中学生になり、本校には可愛い新入生が入ってきて、あらたなスタートを切っているときに掲載するのはいかがなものかという思いもし、いっそ、現在の6年生用にとっておこうかという魔もさしましたが、それは現6年生に失礼なことになる・・・誰も知らないのだから良いではないかというわけにはまいりません・・・「四知(しち)」という言葉があります・・・<天知る 地知る 我知る 汝(なんじ)知る>・・・意味は、誰も知らないからというが、天はお見通しだ、大地も知っている、何よりも自分が知っているではないか、そして君自身が知っているだろう>という意味です。

ここでは、「汝(なんじ)知る」は当てはまりませんが、しかし、この「四知」は自分を律するうえで、とっても大事なことで、誰も見ていないから悪さをしても良いのだという考え方を厳しくいさめる教えです。

一年後に何食わぬ顔で現6年生を寿ぐために作ったかのように装う(よそおう)のは駄目だと思い、やっぱり、間が抜けた形で恥をかいても、今のうちのほうが良いと考えて、本日アップすることにしました。

皆様、なにとぞご了解ください。

ただ、「たくさんのおもいでいだき いま まなびやをすだたむ」という8行目と9行目のフレーズを除けば、現在の高学年の皆さんに当てはまりますので、在校生の皆さんも心して読んでいただけたら幸いです。

そういえば、昨日今日とつづけて、<親>というものの有難さ、尊さについて、しみじみ考えさせられることがございましたので、そういう意味では、本日の折り句は、「親」もテーマですので、本日アップは必ずしも間が抜けていないかなとも思います。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

折り句第三作/夏休み生活展(61)

(2月22日校長発)   

きょうは、本年度第二回計算力大会でした。ようすを見に行けませんでしたが、みんな頑張ってくれたことと思います。

きょうは、折り句をお読みください。以前にも11月19日11月26日に作りましたが、きょうのは、計算力大会のように勉強もするいっぽうで、都市大小学校の子供には人をやさしく包む優しさをもってほしいという思いを込めて作った折り句です。

また、きょうの折り句は、各行の先頭ではなく第二文字に「とうきょうとしだいがくふぞくしょうがっこう・・・東京都市大学付属小学校」を折り込んであります。

  おにきこえし  (音に聞こえし)
  こけつな    (高潔な)
  いなだんじと  (粋な男児と)
  きらかなじょし (清らかな女子)

  もべんきょうもするが (猛勉強もするが)
  ひとしてのみちも   (人としての道も)
  けてわすれぬ     (決して忘れぬ)

  けかきこころをもちて (気高き心持ちて)
  あとやさしさを    (愛と優しさを)
  ふくまなび      (深く学び)
  よいきよう      (良く生きよう)

  さらんのはなのごとく (サフランの花のごとく)
  そとさきつつも    (そそと咲きつつも)
  やどうするよろこびを (躍動する喜びを)
  おみなくあふれさせ  (惜しみなくあふれさせ)

  こなくすみわたり        (こよなく澄みわたり)
  おせいにわきいずる       (旺盛に湧きいずる)
  ふきいずみのように       (深き泉のように)
  せなさにくれるともをつつみて  (切なさに暮れる友を包みて)
  ことしだいしょうにて      (ここ都市大小にて)
  まこどもたち          (舞う子供たち)

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

折り句(2)/砂場で砂鉄/夏休み生活展(24)

(11月26日校長発)

「感謝のつどい」から一日があけました。

みんな、昨日はお疲れ様でした。心地よい疲れでぐっすりと眠れ、さぞや気持のよい目覚めだったと思います。

さて、先日、「としだいしようがつこう(都市大小学校)」の折り句を掲載しましたが、略称だけでなく、正式名称の「とうきようとしだいがくふぞくしようがつこう」でも作ってほしいという声がありました。確かにおっしゃるとおりです。下手な歌なのに、もっと作ってよと言われるのはうれしいものです。それで、作ってみました。

    • 各行先頭の文字だけを縦に読むと「東京都市大学付属小学校」となります。

とおくをみつめて     (遠くを見つめて)

うたをうたおう       (歌をうたおう)

 

きみたちのこころに   (君たちの心に)

よろこびあふれ      (喜びあふれ)

うつくしきしらべが    (美しき調べが)

とこしえにわたる    (永久にわたる)

 

しいかの         (詩歌の)

たえなるひびき     (妙なる響き)

いついつまでも     (いついつまでも)

かろやかにわたりゆく (軽やかにわたりゆく)

 

くもがながれ       (雲が流れ)

ふじやまが        (富士山が)

そびえるけしきを     (そびえる景色を)

くもりなきまなこと    (曇りなき眼と)

しんしなこころで     (真摯な心で)

よくみつめるこらは    (よく見つめる子らは)

 

うみのむこうまで     (海の向こうまで)

かけゆくゆめを      (駆け行く夢を)

つまずくことなく      (つまずくことなく)

こんしんのちからをこめて (渾身の力をこめて)

うみはぐくむことだろう     (生み育むことだろう)

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

折り句/夏休み生活展(22)/クラブ発表会(13:完結)

(11月19日校長発)

今日は都市大っこをたたえる歌を作りたい心境です。理由はご想像にお任せします・・・といっても、ヒントも何もなければ、想像できないですよね(笑)。でもご想像にお任せします。

まことに下手な歌で申し訳ないですが、折り句にしてみました。

    • 各行先頭の文字を縦に読むと「都市大小学校」となります。
    • こういうのを折り句と言います。「言葉を折り込んだ句」ということですね。

としだいっこは         (都市大っ子は)

しつかりとのびてゆく     (しっかりと伸びて行く)

だれとでもなかよくしますと (誰とでも仲良くしますと)

いつもこころにかけて     (いつも心にかけて)

しらないこであったとしても  (知らない子であったとしても)

よろしくねとこえがかかれば (よろしくねと声がかかれば)

うんわかったとへんじをかえし (うん、わかったと返事をかえし)

がつこうをよくしていくために  (学校を良くしていくために)

つよくたくましく          (強くたくましく)

これからもみんないっしょに   (これからもみんな一緒に)

うえをむいてあるいていこう   (上を向いて歩いていこう)

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)