東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

5年6年プール/全校朝会/4年社会科見学

(校長発:平成24年7月2日月曜) 天気 曇りのち晴れ

 本日、4年生が早朝から江東区へ社会科見学(環境学習)に出向きました。

 その模様は後日ご報告致します。

 きょうは朝方はどんよりとした空模様だったのに、だんだん陽もさすようになってお天気に恵まれました。 3時半ごろ帰校した4年生にたずねると、口々に「楽しかった」「お勉強になりました」と答えてくれました。

 どの顔も満足の表情で、出迎えた私もすっかり嬉しくなりました。・・・あれ、お出迎えだけでお見送りのことが書いてないなあ、とお気づきになった方がいらっしゃるでしょうね・・・ごめんなさい。間に合わなかったのです(汗)。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

.

【5年・6年 プール】

 プールの授業で掲載できていなかったのは5年生と6年生でした。

 そういうことで、きょうはコマ撮り動画の「高学年そろい踏み」。

 高学年はさすがに「水泳」の授業という趣が強く、拝見していても迫力を感じることができます。

 ムービー撮影ではなく、静止画の連写機能をつかって映していますが、「水泳」ですから途切れる瞬間がない・・・・・だからシャッターを押しっぱなしになります。すると電池の電圧が弱まるのでしょう、シャッター速度が落ちてきます。それでそこで一旦撮影おしまいにする・・・・・というように撮りました。

 ↓ その私の苦労も想像しながらご覧ください・・・大した苦労じゃないけれど(笑)。 

    5年が1分半、6年が1分。

【全校朝会】

<米国からのお客様>

 米国で暮らしている日本国籍の2年生が7月いっぱい、2桜のお友だちにまじってお勉強します。

 米国の学校年度は9月ー翌年6月ですので、いま小学校1年の課程を修了したばかりで、いまは夏のバカンスの最中。それを利用して日本に一時帰国しているというわけです。

 実は、お母様が本校卒業生という縁もあり、日本の小学校を体験させてあげるためにわずか三週間ではありますが、2桜のお友だちにまぜていただくことにしました。

 本校児童にとっても、米国の学校生活がどのようなものか、いろいろと聞くことができますので、一種の「国際交流」という面も視野に入れた受け入れです。

 ↓ さっそく今日の全校朝会で、米国のことについて報告をしてくれました。

2012-0702zenkou-choukai02usa.jpg

↓ 凛とした姿勢でお話をきく本校児童たち。

2012-0702zenkou-choukai01.jpg

2012-0702zenkou-choukai01-2.jpg

<児童会からのお知らせ>

・おはようございます。

 児童会からのお知らせです。

 今月の生活目標が決まりました。

 「最後まで 残りの時間を 有意義に」

 です。

・昨日から7月に入り、残りわずかとなった一学期を大切に過ごし、

 最後のまとめをしっかりするようにしましょう。

2012-0702zenkou-choukai06.jpg

<滝澤先生から校庭へ出入りする順路変更のお知らせ>

 7月より体育授業や休み時間のときに校庭へ出入りする順路変更について説明がありました。

 いまは、保健室前の屋内通路を通って校庭に出入りしていますが、そのたびに校庭の土が、大量に保健室前とエントランスに持ちこまれます。

 それを毎日、6年生が奇麗に掃除をしてくれているのですが、それまでの間は、保健室前とエントランスがいわば「泥だらけ」の状態です。 それを改善するために、7月より試みに屋外の通路を通ってエントランスに入ってくるというように、校庭出入りの順路を変更することにしました。

 少々遠回りになりますが、保健室前とエントランスを奇麗に保つ試みと、保護者の皆様のご理解ご協力をいただきたいと思います。

2012-0702zenkou-choukai04.jpg

<古屋先生から七夕まつりについて>

 もうすぐ「七夕まつり」がやってきます。 七夕まつりに向けて、お願い事をかいた短冊を笹竹に吊るす方法やその他のことについてお話がありました。

 七夕祭りを楽しみにしていてください。特に本校では初体験の一年生の皆さん、お楽しみに。

2012-0702zenkou-choukai05.jpg

先週、通学路方面別に分かれて、短冊にお願い事を書きました。方面別に分かれて書いたのは、上級生が下級生をお世話しながら、お願い事をうまく表現できるようにするためです。、

↓ 二つの教室だけですが、そのもようをご覧ください。 

2012-zenkou-choukai05.jpg

全校朝会での校長のお話は、後日回しにします。

                                    (以上)

カテゴリ:

コメントする

コメント (スタイル用のHTMLタグを使えます)