東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

きょうもつづく高学年の挑戦/時計の授業

(5月17日校長発)

昨日までとちがって少々寒気がくだってきた日でした。

午前中、私は東京都私立初等学校協会(東初協)の総会があり市ヶ谷まで出かけ午後帰校したのですが、そのころにはどんよりとした暗雲が空をおおい、ぽつりぽつりと雨も落ちてきました。

運動会が雨天で延期にならないように、今から祈りたいと思います。

(続きは、見出しをクリックしてご覧ください)

【高学年の挑戦】

先日(5月10日)、高学年男子の組み立て体操の練習風景を紹介し、「困難な課題に挑戦する」ことの意義を書きましたが、きょうも高学年は男女ともに、課題へ向かってひたむきに練習、挑戦しておりました。

≪女子のカラーガード≫

きょうは、このまえ紹介できなかった女子高学年のカラーガードの練習風景から。

↓  1、は校庭での練習ですが、専門のコーチにきていただいて指導を受けている様子です。このあと、実際に隊列をくんで旗をひるがえしながら練習する予定でしたが、雨がぽつりぽつりときたので、第2アリーナに移動して練習しました。それが、2です。

  1. 686Colorguard.wmv
  2.   691Colorguard.wmv

    カラーガードをご存じない方のために、YouTubeから名古屋消防音楽隊のカラーガード映像をご紹介しておきましょう。↓ 

     
    http://www.youtube.com/watch?v=kqSuwdAx3LE&feature=related

      ↑  本校高学年女子のカラーガードは上の音楽隊よりも規模が大きいので迫力があり見ごたえのある仕上がりになると思います。「凛」とした女子像をご覧にいれられると思います。ご期待ください。女子の皆さん、がんばろうね。

    ↓ さあ、次は男子組み立て体操の厳しい練習風景です。三段やぐら。
  3.   692kumitate-taisou.wmv

  ↑ 完成形は本番のお楽しみにとっておきましょう。上の動画の後、見事に立ち上がったのですよ。そして、私が感心したのは、三段に組み上がって立ち上がった姿を、見ていた周りの子供たちが、一斉に拍手を送ってたたえたことです。

    立ち上がったとはいえ、完成度はまだまだです。それでも、練習の一こまとして苦労して挑戦する仲間に拍手のエールをおくるのは、実にすばらしい。

   そういう態度も、「りりしさ」 と呼びます。

  高学年の皆さん、このカラーガードと組み立て体操への挑戦を通して、建学の精神にある「りりしく 凛とした 気高さ」を学んでほしいと思います。

【2年生の時計の授業】

 高学年が上の課題に挑戦しているとき、2年生が両クラスとも、時計の授業を受けていました。

110517jugyo2nen.jpg 110517jugyo2nen01.jpg

私も小学校2年生で(私にも小2の時代がありました・笑)、時計の授業を受けたことを今も克明に覚えています。

私の当時も(もう50年も前ですが)、上の写真のような模擬時計をつかって先生が教えてくださいました。

 本物の時計よりも、こういう模擬時計のほうが教材としては優れているのですね。だから、安く手に入る時代になっても本物ではなく、模擬時計を使うのですが、前から手を伸ばして、針にさわれそうな感じがするのが、おもちゃ感覚というか、子供の感性にあわせて授業を進められるというわけです。

 自分の子供時分を思い出すことができて、思わずカメラを向けてしまいました。

 ※ 誤解ないように書き添えますが、上の段の写真、立っている子は「立たされている」のではありませんよ。発表のために前に出ているのです。

  きょうは以上です。

 

カテゴリ:

コメントする

コメント (スタイル用のHTMLタグを使えます)