東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

音楽集会/夏休み作品展(35)

(12月16日校長発)

12月もとうとう残すところ二週間となりました。子供たちは明日17日を学び終わったら18日が終業式、はれて冬休みに入ります。(※でも6年生は受験直前で冬休みもお正月もなく大変な日々であるわけですが、気持ちは新春を迎え大きく飛躍しようという正月らしい気持を持たなければなりません。)

師走にはいり忙しいのは何も学校の先生だけではありません。みなさん、お正月を迎える前に済ませなければならないことに奔走しておられるようです。

学校にも大勢の来訪客がひきもきらずお出でになります。お目にかけていただき、私どもとして大変光栄なことです。忙しいのは師走の常ではありますが、保護者の皆様もお忙しい年末でしょう。お体に気をつけられますよう。

さて、今朝は児童会主催(音楽委員会)の「音楽集会」が開かれました。児童会集会はいつも楽しく、先週こそ所用で出られませんでしたが、私はいつも楽しみにさせてもらっています。

 

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

【音楽集会】

↓ 今日の会を仕切ってくれた音楽委員会の皆さん。

101216ongaku-syuukai01.jpg

今日の趣向は、陰にかくれて、楽器を演奏し、それが何の楽器なのかを全校児童に当ててもらおうというもの。もうひとつは、二つの楽器を合奏したのを聞いてもらったあと、演奏しなかった楽器は何かを当てるというちょっと高度なクイズ。

自他共に認める音痴の私には実に苦手な音楽集会でした。でも楽しかった。

↓ 楽器が鳴ったあと、今のは何だったでしょうか?次の三つのうちからあててくださいと言って、全校児童に手をあげてもらいます。

101216ongaku-syuukai02.jpg

最初の答えは「銅鑼」(どら)。これは私にもわかりました。ぐわんぐゎぐゎーーーーーんと鳴りますからね、これが分からなければ私は先生をやめなければなりません(笑)。

↓ 下の写真のように最後に種明かしでもう一度鳴らされます。

101216ongaku-syuukai03.jpg

以上のような調子で、次次に進んでいきます。

↓ 二つ目は、クラリネットでした。音をどう表現したら良いか私にはむずかしい。

↓ 表現できないだけでなく、私はクラリネットだということがわからなかった(泣笑)。

101216ongaku-syuukai04.jpg

 ※上の写真、ピンぼけでごめんなさい。今日はなぜか写真がうまく撮れませんでした。(一部誤解された方がいらっしゃるといけないので、○○よいではございませんよ・笑)

↓ 三つ目はマラカス。これは分かった。シャカシャカシャカシャカ・・・うーん月並みな表現ですね。カシャカシャカシャ・・・ひっくりかえしただけじゃないか(笑)。シャッシャッシャッ・・・これがいいかな?・・・いや、シャッシャッシャリッシャッシャッシャリッの方が・・・なんだ二つをくっつけただけじゃないか(笑)

↓ 私の表現方法のつたなさはそれぐらいにして、マラカスが三つ目。 

101216ongaku-syuukai05.jpg

↓ 四つ目は、使われていない楽器を当てるクイズでした。クラリネットとトーンチャイムのアンサンブル。これは分からなかった。こういう複雑なのはからきし駄目な私です。

101216ongaku-syuukai06.jpg

↓ 五つ目は、銅鑼(どら)とシンバルのアンサンブル。

101216ongaku-syuukai07.jpg

↑ 上のクイズで使っていないものは何だ?で出された楽器に和太鼓がありましたが、私は「うーん、待てよ。和太鼓も小さくまぎれこんでいるかもな?」と思ったのですから、どうです、私の音痴ぶりは。・・・どうですって・・・威張るなよ(笑)・・・それより上の写真のピンぼけをあやまれよ・・・そうでした。ごめんなさい(汗・笑)。

以上ですが、楽しい音楽集会でした。実は、楽器の絵もとても上手でしたので、ご紹介したいのですが、時間の関係で割愛させてもらいます。描いた方、ごめんなさいね。

【夏休み作品展(35)】

作品第63:キカイダーサウルス

作者の命名は「ガラクタサウルス」として出品されています。しかし、とんでもない。私のほうで勝手に「キカイダーサウルス」として掲載させていただきました。優秀賞の作品。

2010summer-63-kyoutyu-robot-4nen.jpg

命名も著作権の内だということは重々承知ですが、あえて「キカイダーサウルス」という名前を進呈させていただきました。上の全体像の写真をみるだけでも、ガラクタではなく、マシーンという感じが実によく表れています。注意深くみなければ、洗濯ばさみやクリップや瓶のふたやビニルフォークなどでできているとは分からないですよね。

素晴らしい出来栄え(できばえ)です。

↓ 正面からと背面からと見た写真を並べてみます。いいですね。

 

2010summer-63-kyoutyu-robot-4nen (2).jpg 2010summer-63-kyoutyu-robot-4nen (3).jpg

↓ ドアップしてみますね。よくご覧ください。頭の顔の部分、二種類のクリップで表現されています。

 何が使われているのかを確認していくだけでため息が出るほどです。これは確かにガラクタ製だけど、でも完成作品はガラクタではない。マシーンですよ。絶対に「キカイダーサウルス」です。

2010summer-63-kyoutyu-robot-4nen (4).jpg

↓ 胴体の部分もアップします。洗濯ばさみがよく分かりますが、その工夫された使い方にほれぼします。

2010summer-63-kyoutyu-robot-4nen (5).jpg

さあ、今日はこれで終わりですが、恐竜シリーズはもう一作あります。後日、登場願いますが、それも力作ですよ。

カテゴリ:

コメントする

コメント (スタイル用のHTMLタグを使えます)