東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

放送委員会/やっと肌寒くなった校庭/夏休み作品展(3)

(9月24日校長発)

今朝の外気温、拙宅付近では18℃でした。つい一週間ほど前まで、30℃を超え、二週間ほど前までは連日朝から35℃を超える猛暑だったことがうそのようです。

    • 昔から「暑さ寒さも彼岸まで」とはいったものの、今年はどうなることやらと思っていましたが、言い伝え通りに今年も季節はめぐります。
    • 地球温暖化の影響は年々色濃くなってはいても、日本の四季のめぐりは正確です。良い列島に生まれ育った幸せを感じますね。

きょうは日もささず曇り空で、外は終日肌寒かったなかで、子供たちは朝から外で元気にとびはね、また体育の授業も校庭で行われました。子供は風の子です。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

※土日の先生ブログはお休みします。

【肌寒い陽気の校庭で】

↓ 6年生の体育の授業の様子。走り高跳びの授業です。

100924taiiku01.jpg

↓ 一人が跳び終わると、スタンバイしている(次の順番を待っている)児童が手をあげて、先生の指示を待ちます。

100924taiiku02.jpg

↓ こうして、次次に跳んでいきますが、私がみるかぎりベリーロールや背面跳びはいませんでした。砂地が少々硬いので危ないということがありますからね。

100924taiiku03.jpg

でも、私の中学時代は、砂地でベリーロールや背面跳びをやった猛者(もさ)がおったことを思い出します。(私はやわでしたので、そんなこととてもできませんでしたが・笑)。

なかには、垂直跳びというのか、真正面から飛び込むようにして見事にクリアしたY君のようなものもいたことを思い出しますが、なぜそんなべらぼうなことができたのか、よほどの身体能力の持ち主でした。私は「背伸びの教育」をめざしていますが、いくらなんでも、そんなべらぼうな正面とびや危険なことはさせませんのでご安心ください。

【放送委員会】

↓ 先日、放送委員会のことを書きましたが、今日も、朝と休み時間に放送が入りました。いままでは、放送がはいっても撮影にかけつけると、放送室がもぬけの殻(から)でしたので、きょうは脱兎(だっと)のごとく、大いそぎでかけつけたら、まだ放送中でした。

↓ それでご覧のとおり、放送委員会の皆さんを撮影できました。いつも、このようにして、かわるがわる放送しているのですね。ご苦労様です。

 

100924taiiku04.jpg

100924taiiku05.jpg

 

【夏休み生活展】

きょうの夏休み生活展は、デイサービス体験を4日間もしたお友達の掲示作品の紹介です。

とても貴重な体験ですから、掲示してある中から、文章を抜き出して皆さんにも追体験していただきましょう。

賞からは漏れましたが、「介護」は誰もが経験する(する方もされる方も)ことですから、とっても大事な夏休み体験でした。とても素晴らしいことです。

    •  Annさん作の絵本「さきちゃんのなぞ」はきょうはお休みします。後日をお楽しみに。

【夏休み生活展】

第5:デイサービスセンターのお仕事体験

2010summer-dayserves01.jpg

一日の流れ

9:00 サービス開始(じゅんばんにバイタルチェック)

    バイタルチェックとは、体温、血あつ、みゃくはくをはかる事

10:00 朝の会体操(こうくう体そう)

    あいうえおをのばしていってみたり、あ、あ、あ、とくぎっていってみたりする口の体そう。

    (※注)こうくう体そう・・・漢字で書けば「口腔体操」ですね。

11:30 AMレクリェーション(その日でちがいます)

    ことわざかるたをして、ぼくがよみました。

    やっている人の顔はみんなしんけんでした。さいこうは4回れんぞくでやりました。

2010summer-dayserves02.jpg

12:00 昼食

13:00 たべおわったら、こうくうケア(ハミガキ)、

    テレビをみたり、おはなししたりしてすごしています。

2010summer-dayserves03.jpg

14:00 レクリェーション

    指さきくるくる(指さきのうんどう)

    いろいろな色の色画用紙をはじからくるくるまき、テープでとめる。

15:00 おやつ

    日によっては、ホットケーキ作りやフルーチェ作りなどもします。

16:00 サービス終了

(かんそう)見ているとかんたんそうにみえるけど、じっさいにやってみると、けっこうむずかしかったです。とくにむずかしかったのが体おんけいをわたしてはかってもらうのがたいへんでした。なぜかというと、ぼくがおねがいしたりようしゃさんは、耳がきこえない方でしゃべることもできないので、ジェスチャーでつたえるのがむずかしかったです。

 以上です。

カテゴリ:

コメントする

コメント (スタイル用のHTMLタグを使えます)