東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

実習の先生もいっしょに児童集会(整美委員会主催)

(9月9日校長発)

    • 「新俳句大賞」入選作は来週に回しますのでご了解願います。

今日の本題に入る前に今日の暦について記しておきます。

今日は、五節句のうち「重陽の節句」です。秋の節句ですが、台風一過、大雨のおかげで涼しい秋の日となり良かったと思います。(台風被害にあわれた方々には申し訳ない言い方ですが)。

さて、

    • 五節句とは、
      人日の節句(じんじつのせっく...正月7日...七草)
      上巳の節句(じょうしのせっく...3月3日...桃、ひなまつり)
      端午の節句(たんごのせっく...5月5日...菖蒲、鯉のぼり)
      七夕の節句(しちせきのせっく...7月7日...たなばた)
      重陽の節句(ちょうようのせっく...9月9日...菊)

五節句のなかで子供になじみの薄いのが、きょうの重陽の節句です。年配になるにつれ、各地で催される菊の展示会などで知るようになってくる節句です。

7月12日の全校朝会で「年中行事」について話したときも(7月12日記事参照)、重陽の節句ははずしました。ご覧のように五節句は月日がひとけたの同じ奇数が重なった日になっています。一桁(ひとけた)の奇数のうちもっとも大きいのが「9」ですが、それが重なったということで、9月9日を「重陽の節句」と呼びます。・・・・・※陰陽道(おんみょうどう)で奇数が陽、偶数が陰とされます。

重陽の節句は菊の節句ともよばれ、菊の鑑賞をする日です。菊は「翁草(おきなぐさ)」と呼ばれ、薬効により長寿をもたらすと言われてきましたので、菊をかざることで長寿を祈る日なのです。

私が重陽の節句を知ったのは高校生のとき。神社の子に教えられてのことでした。

都市大小学校の皆さんはこの機会に覚えてくれればと思います。

(続きは↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

【児童会整備集会】

きょうは整備集会が開かれました。

整備委員会の皆さんが企画運営してくれました。

↓ 全部、児童が運営します。気をつけ、前へならへ、黙想も司会の指示通りに進んでいきますから、大したものです。10月からは5年生も「見習」ながら児童会役員として活動が始まります。6年生を見習ってしっかり頑張ってほしいと思います。

100909seibi-syuukai01.jpg

↓ 本日の整美集会で整備活動の重要性をパフォーマンスとともに全校児童にうったえる6人の皆さんです。どういうパフォーマンスを見せてくれるか楽しみに待ちました。

100909seibi-syuukai01-1.jpg

↓ 演じたパフォーマンスは、小堺一機さん司会の「ライオンのごきげんよう」とサマーズの「もやもやサマーズ」を合わせたような企画でした。さいころを転がして上になった面に書いてある問題を読み上げて、全校児童に○か×で答えてもらう内容です。

100909seibi-syuukai02.jpg

100909seibi-syuukai02-1.jpg

100909seibi-syuukai03.jpg

↓ 答えてもらったあと、正解が明かされますが、それだけではなく、正解の解説をしながら、清掃美化活動では何が大切かを語りかけるというとても「教育的」なすばらしいものです。

↓ ビニル袋の種類によっては、また地域によっては、「燃えるゴミ」なのか「燃えないゴミ」なのか違いがあることなを説明しているところです。ふつうは「燃えないゴミ」に分類されます。↓

100909seibi-syuukai03-1.jpg

↓ 集めたゴミを「ちりとり」に入れるとき、「ちりとり」は前に進めたほうが良いかという問題の説明シーン。「ちりとり」を前(ほうきの方向)にやると、ゴミが「ちりとり」の下に入ってしまうため、「ちりとり」は後ろに引くようにしてゴミを入れます。このような細かいところまで解説できるのは、さすが整美委員会の皆さんです。↓

100909seibi-syuukai03-2.jpg

↑ そのほかの二問は次のようなものでした。

  ○問題...本校の1階に置いてある掃除機はオープンスペースにある。○か×か。

    答...○ 掃除機はどの階もオープンスペースに置いてあります。

         使ったら元の場所にもどしましょう。

  ○問題...玄関の靴箱は二段に分かれているが、校庭に出る「外ばき」は下の段に置く。○か×か。

    答...×校庭用の外ばきはいつも上の段におきます。上履き(うわばき)は下の段におきます。

 

↓ さて、今日の○×ゲームの答え方は、両サイドに分かれて集まる方式ではなく、手を上げてこたえる方式です。限られた集会時間のなかでスムーズに進めるために時間短縮をねらったのだと思いますが、運営も...ばっちり...ですね。

↓ 第一問のビニル袋の問題は、整美委員も答えていたように地域差があって迷ったからでしょう、大勢の児童がまちがえて、↓ご覧のように正解者(立ったままの子)はきわめて少人数でした。

100909seibi-syuukai09.jpg

↓ 第一問で挙手する子供たち。自信満々の笑顔や、人のようすをうかがう子や、これには手をあげないよと澄まし顔の子、表情はさまざまですね。 

100909seibi-syuukai04.jpg

100909seibi-syuukai05.jpg

100909seibi-syuukai06.jpg

100909seibi-syuukai07.jpg

100909seibi-syuukai08.jpg

↓ さあそれでは、あたった人、はずれた人の表情をご覧いただきましょう。喜びの表情、がっかりした表情、どちらも絵になっていますよ。

↓ 下学年のほうしか撮れませんでしたが、飛びあがって喜ぶ児童、ガッツポーズを作る子、満面に喜びをはちきらせた表情、喜び方はいろいろありますが、どの子も「からだ全体」をつかって喜びを表現しています。都市大付属小学校の1?2年生の学習コンセプトは「からだ全体で学ぶ」です。ぴったしだなあ。

 

100909seibi-syuukai10.jpg

100909seibi-syuukai11.jpg

100909seibi-syuukai12.jpg

【都市大からきている教育実習の先生ともお別れです】

↓ 今日が教育実習最終日のお二人です。整美集会に参加し、終了後に全校児童に挨拶していただきました。お二人とも「一週間の短い間、みんなといっしょに話したり遊んだり学んだりできて、とても楽しかった」と言ってくれました。

↓ お二人ともちょっと目がうるんだように見えましたが、こちらこそ、一週間ありがとうございました。都市大付属小学校のみんなのことを生涯忘れないで立派な先生になってください。

100909jissyuu-sei.jpg

カテゴリ:

コメントする

コメント (スタイル用のHTMLタグを使えます)