東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

元気な顔がそろった――――

(9月1日校長発)

待ちに待った(?)始業式です。また防災の日でもありますので、1年生は保護者の方による「引き取り訓練」の日でもありました。

(続きは、↑↓見出しをクリックしてご覧ください)

【始業式】

待ちに待った始業式と上に書きましたが、まだまだ夏休みが続いてほしいと思う子たちもたくさんいました。式の校長の話の冒頭、「夏休みが終わって残念な人は手をあげてください」と尋ねましたら、4分の1ぐらいの子が正直に手をあげてくれました。

子供のころの私もそうだったのですから、いかな勉強熱心な都市大小学校の児童とはいえ、夏休みが続いてほしいという気持ちは十分にわかります。だから、つづけて私から子供たちに次のようにお話しました。

  • 「正直に手をあげてくれましたが、夏休みが続いてほしいなあという気持ちは、それはそれでいいのですよ。ほかの人が手をあげなかったらといって、≪あれ、自分は良くない子なのかな≫と思う必要は決してありません大事なことは、メリハリをつけること。
  • 気持ちを切り替えることです。いやでもなんでも今日からは二学期です。夏休み気分をこの瞬間に捨てて、さあまたみんなといっしょに学校生活を送ろうと気持ちを切り替えることが大事ですから。
  • 授業のお勉強や音楽発表会、水泳大会、林間学校などの行事にみんな仲良く取り組んでいきましょう。」

↓ 始業式に熱心に参加する全校児童です。

100901sigyou-siki01.jpg

↓ 式では必ずうたう校歌を今日も元気よくうたいました。指揮は音楽の渡辺先生、ピアノ伴奏は同じく近澤先生です。

100901sigyou-siki02.jpg

 ↑ 校歌は、 ♪富士の高嶺をはるかにあおぎ――――♪で始まりますが、本校ホームページからいつでも聞けますので、親しんでいただければと思います。

 ↓ 今日はリンクをはっておきますので、お聞きになってください。

 http://www.tcu-elementary.ed.jp/02syoukai/kouka.html

上に張ったリンクには、都市大グループ学園歌も収録されています。学園歌は昨年制定されたものですが、下学年生には難しい歌詞もありますので、本校では始業式、終業式において入場曲として演奏を流して親しんでもらうようにしております。

↓ さて、この9月1日より、新しい先生をお迎えしました。

100901sigyou-siki03Mr.alexander.jpg

↑ 英語のアレックス先生(正式には、アレクサンダー先生ですが、愛称でアレックスと呼んでくださいということです)。実は、今まで教わったマット先生のお父上が倒れられたため、マット先生は急遽(きゅうきょ)母国へ帰国されそのまま再来日されないこととなりました。それで夏休みのうちに探し出した先生がアレックス先生です。英語教育の経験の豊富な先生です。

よろしくお願いいたします。

【1年生防災引き取り訓練】

    • 9月1日は防災の日。この日に日本を襲った関東大震災から87年、伊勢湾台風から51年。いずれもきわめて甚大な被害をもたらした災害ですが、寺田寅彦博士がいったように「天災は忘れたころにやってくる」をいましめるために、9月1日を防災の日として定め、各地で訓練が行われます。

本校では、3日に児童と教職員による全校震災訓練を実施いたしますが、災害時の1年生引き取り訓練は例年通りに今日行いました。

↓ 残暑の厳しいなか、朝早くから子供の引き取りのためにおいでいただいた保護者のかたがた。お仕事を休んでおいでいただい方もいらっしゃいました。本当にお疲れ様でした。

100901hikitori-kunren03.jpg

100901hikitori-kunren01.jpg

↓ 訓練なので良いのですが、中には私が向けたカメラ目線で余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)とお母さん方を待つ子も。(うーん、本番の緊張感がなければ訓練にならないから、カメラ目線はやっぱり駄目だなあ・・・注意をしない私も駄目・・・(汗)) 

100901hikitori-kunren02.jpg

でも、子供たちに「お母さんやおうちの人といっしょに帰れるのはうれしいですか?」と尋ねると、どの子からも異口同音に「うれしい」という返事が返ってきました。訓練とはいえ、1年生にとってお母さんをはじめ家族の存在は絶大のようです。

 

100901hikitori-kunren04.jpg

100901hikitori-kunren05.jpg

 

コメントする

コメント (スタイル用のHTMLタグを使えます)