東京都市大学付属中学校・高等学校等々力中学校・高等学校塩尻高等学校|付属小学校|二子幼稚園五島育英会

児童たちの様子&全校朝礼「校長の話」

  • 表示の仕方について手直しをしましたら、トップページに並ぶ表示順番が狂いました。
  • 「先生ブログ」ボタンをクリックすると、更新の新しい順番に読めますので、お手をわずらわせますが、お願いいたします。

 

この「先生ブログ」は、先生方は週に1回の交替で書きすすめることになっています。その間を埋める形で、私校長ができる限り発信してゆきたいと思います。そういうわけで、本日も校長発信です。

 

(続きを読むには上の見出しをクリックしてください)

きょうは、全校朝会で児童の皆さんにお話したことを掲載したいと思います。その前に、写真を何枚か掲載しておきます。

 

(1) 掃除の様子2枚

 

principal6.jpgprincipal7.jpg

 

(2) 体育の授業1枚(組体操の練習)

principal8.jpg 

 

 

4月12日全校朝礼でお話したこと】...子供たちの反応がとても良くて感動しました。

 

おはようございます。

 

始業式と入学式からもう6日目ですね。

1年生は、学校は楽しいですか?

(1年生、口々に「楽しいです」と答えてくれました。)

 

楽しいという答え、とても嬉しく思います。これからも、先生方のご指導と、上級生の助けを借りて、ずっと楽しい学校生活を送ってくださいね。

 

さて、2年生から6年生には、始業式で≪夢を大きくふくらましましょう≫という話をしました。

 

皆さんの中で、宇宙飛行士になりたいという夢を持っている人はいますか?

(たくさんの手が上がりました。)

 

すごいですね!大勢の人が宇宙飛行士になる夢を持っているんですね。素晴らしいと思います。校長先生が子供のころは、宇宙飛行士というのは夢のまた夢でした。皆さんには、ぜひ実現して欲しいと思います。

 

それで、今日は、宇宙飛行士の話をしたいと思います。

 

今、日本人が宇宙を飛んでいますが、知っていますか?

(すぐに、「野口聡一さん」という声が上がりました。)

おっ、野口聡一さんの名前が先に上がるとは思っていませんでした。そうですね、野口聡一さんは、昨年の12月からスペースシャトルで宇宙ステーションに行って、もう4か月もそこで生活しておられます。

もう一人、日本人で、今、宇宙を飛んでいる人がいますが、どなたでしょう?

(「山崎直子さんです」という声が上がりました。)

そうですね。山崎直子さんという方が、先週、スペースシャトルに乗って宇宙ステーションに行かれました。

 

ですから、今、宇宙ステーションには、野口聡一さんと山崎直子さんの二人の日本人飛行士が乗り込んでお仕事をされています。

 

野口さんもロボットアームというのを動かしてお仕事をされましたが、今回、山崎直子さんも、ロボットアームを操縦して、日本の実験基地を組み立てる仕事をされました。日本の基地は「きぼう」という名前です。夢を実現する、未来へ向かっての希望という意味を込めてつけられた名前です。

 

山崎直子さんは日本人として宇宙を飛んだ飛行士としては7人目になります。女性の宇宙飛行士としては向井千秋さんに続いて2人目です。

 

それでは、世界で最初に宇宙を飛んだ人の国と名前を知っていますか?

(何人もの人が手をあげてくれました。その中で一人の女子児童に答えてもらったところ、「国は分りませんが、ガガーリンさんです。」と正確に答えてくれました。)

 

そうですね。ガガーリンさんといいます。ソ連という国の人です。ソ連という国はもう20年ぐらい前に分かれてなくなった国で、ガガーリンさんは、今はロシアという国の生まれです。

 

実はね、今日4月12日が、ガガーリンさんが宇宙を飛んだ日なのですよ。

 

1961年のことですから、もう50年前。皆さんが生まれるずっと前のことです。校長先生はちょうど、小学校2年生のころでした。

 

新聞に、ガガーリン少佐のことが載ったのをよく覚えています。

ガガーリン少佐は、宇宙から初めて地球をみた人になったわけですが、地球をみて、何といったか知っている人、いますか?

(上級生からもたくさん手が上がりましたが、1年生で手を上げた子がいます。それで、その1年生に答えてもらいました。「地球は青かった」と見事な正解です。いやあ、さすがに都市大付属小学校の新入生!)

 

そう、よく知っていますね。ガガーリンさんは「地球は青かった」と言ったんですよね。「宇宙は暗かったが、地球は青かった」と言いました。後では、「美しくみずみずしく輝いていた」とも言っています。

 

ガガーリンさんがそう言ってから、10年ぐらいして、「宇宙船地球号」という言葉が世界中で使われるようになりました。公害をはじめ環境問題が激しくなっていたときで、宇宙のなかでたった一つ青く美しく輝く地球は、宇宙船のように大事にしなければならないという意味です。

 

今、野口聡一さんと山崎直子さんという二人の日本人が、この地球を見下ろしながら仕事をしています。

 

そういうことで、皆さんも、今日は、この地球のこと、地球環境問題のこと、宇宙のことを考える日にしてみてください。

 

(参考までに)

日本人の宇宙飛行士(敬称略)

1:秋山豊寛、2:毛利衛、3:向井千秋、4:若田光一、5:土井隆雄、

6:野口聡一、7:星出彰彦、8:山崎直子、9:古川聡*(未飛行)、

(以下は現在訓練生)10:大西卓哉、11:油井亀美也、12:金井宣茂

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tcu-elementary.ed.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/46

コメントする

コメント (スタイル用のHTMLタグを使えます)